Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

蓮華草(別名:ゲンゲ、レンゲ)という花の名の由来や花言葉

蓮華草の花の画像

 春に咲く花である蓮華草。空き地とか結構どこにでも生えている野草ですが、別名でゲンゲとかレンゲや紫雲英とも呼ばれている不思議な花です。今回はレンゲソウについて細かく調べてみました。

スポンサードリンク

 

蓮華草という呼び名の由来や豆知識を調べてみた

 蓮華草と言われる由来は花がハスの花の形に似ているから呼ばれるようになったそうです。確かに『蓮(ハス)」ですから蓮のように華やかな草という意味から来たことがよくわかりますね。ちなみに開花時期は4-5月あたりになります。春の植物という印象が私にはありましたが実際その通りでした。
 ちなみに岐阜県の県花とされています。その県を象徴する花というのが県花なのですが、流石にそれは知らなかたです。ちなみに国を象徴する花(国花)は菊と桜です。

蓮華草の花言葉は?

 花を知るときに最初に気になることはその花の花言葉を知ることからではないでしょうか?どんなに綺麗な花だったとしても花言葉を聞いて何かがっかりした経験があるのでそう思ってしまうのかもしれません。レンゲソウの花言葉は、「あなたと一緒なら苦痛が和らぐ」「心が和らぐ」などポジティブな花言葉だと思いました。意中の人にレンゲソウをプレゼントしたりすると、「あなたはそばにいると何か安心する存在です」という意味を伝えられるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

蓮華草を英語で言うとどういう風になる?

 蓮華草を英訳すると『Chinese milk vetch』となります。コレをあえて訳すと中国のミルクの植物みたいな意味になりますね。何故中国という言葉が出てくるかというと、蓮華草の原産は中国だからだと思います。ミルクという表現がどこから出てくるのかはちょっと推測になるのですが、花の色から来ているのではないでしょうか?
「蓮華草の花色は紅紫色でしょ?」
と言われるとそうなのですが、稀にクリーム色の株もあって英語圏ではこっちのほうが蓮華草として馴染みがあったのかもしれませんね。

日本では蓮華草はどういう風に利用されているの?

 蓮華草は蜂蜜を生成するための蜜源の花として今でも利用されています。レンゲの花を蜜源にした蜂蜜は日本では優良植物として扱われています。
 そして今でこそ少ないのですが化学肥料がまだ浸透していなかった時代、田んぼや畑の種を植える前に蓮華草をその畑で育てていわゆる緑肥という使い方をされていたのだが、今ではこのような手法を用いるところは少なくなっています。

レンゲソウのまとめ

・別名でゲンゲ・レンゲ・紫雲英とも呼ばれる
・英語だと『Chinese milk vetch』
・花言葉は「あなたと一緒なら苦痛が和らぐ」「心が和らぐ」
・日本では蜜源としてはちみつの原料として今でも使われている
・昔は田んぼの肥料として使われていた時代もあった

 

スポンサードリンク