Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

【昭和の日】いつからみどりの日ではなくなったのか?由来は?

昭和の日

 4月29日は『昭和の日』です。ゴールデンウィークの始まりという祝日というイメージがありますね。実は私はつい最近までみどりの日だと思い続けていました。一体いつからみどりの日は昭和の日に変わってしまったのでしょうか?その由来などを調べてみました。

スポンサードリンク

 

みどりの日が昭和の日に変わったのは2007年から!

 私は8年もその事実を知らないで過ごしてきたのですね・・・。と軽くショックを受けてしまいました。
 もともとこのみどりの日というのも天皇誕生日という祝日でした。しかし昭和天皇が亡くなって平成天皇になったのが1989年です。さすがにその年以降4月29日は天皇誕生日という祝日にするのはおかしいというのは誰しもが思う事実であって、その年からみどりの日になったのを覚えています。
 それが2007年からいつのまにか昭和の日になっていたとは知りませんでした。ちなみにみどりの日はなくなったわけではなく5月4日の国民の休日という祝日の代わりになりました。

みどりの日から昭和の日に変わった理由はコレ!

 まず4月29日が天皇誕生日からみどりの日になった理由から説明しましょう。先程も述べた天皇が平成天皇に変わったから天皇誕生日として存続することができなくなり、昭和天皇が生物学者であり緑をこよなく愛する天皇であったことから「みどりの日」になりました。
 しかし平成が進むに連れて「昭和の思い出」が失われていきます。昭和といえば太平洋戦争という辛い記憶がありその次代の苦難や復興していく時代でした。それが年月が進むごとに「みどりの日」という名称では記憶が薄れてしまいます。あの時の日本の教訓をいつまでも忘れずにという理由から「昭和の日」とすることにしたそうです。

スポンサードリンク

 

しかし昭和の日という響きが色々な問題を引き起こす

 「昭和の日」という由来は先ほど説明しました。でもこの単語ってちょっと問題なんですよね?右翼と呼ばれている方にとって昭和天皇という存在は特別ですので、その記念日にちなんで街頭演説みたいな物々しい行進が起こりやすくなっているようです。
 そういう問題を危惧する方も勿論いますよね?あの頃のような日本になってはいけないという意味で「昭和の日」というのに対して反対デモも起こります。両者のぶつかり合いが昭和の日という名称に変えたとたんに毎年起こってしまうのでした。
 私はどちらにも共感しませんが、こういう出来事が起こるたびに「昭和の思い出は忘れることはないだろうな」と思っています。

昭和の日があるなら大正の日や明治の日って何でないの?

 そういう疑問を感じるかもしれません。でも実は明治天皇の誕生日は11月3日ということで今でも文化の日として残っています。じゃあ大正天皇はと言われると誕生日は8月31日・・・。祝日にしずらい日にちですよね?子供は夏休みの宿題に追われてそうな日ですし。なので祝日にはなっていません。
 恐らく今の天皇誕生日は12月23日ですが、平成天皇がなくなったら平成の日ではないかもしれませんが何か祝日になる予感はしますね。日にち的に休みにしたい時期でありますし・・・。

 ■ ちなみに昭和の日を英語で言うと?
「ShowaDay」というようです。日本独自のものに対してはローマ字読みする英語と同じ扱いになるみたいですね。

昭和の日についてまとめ

・昭和の日は2007年から制定された祝日
・もともとはみどりの日・・・その前は天皇誕生日という祝日
・昭和の日というニュアンスが今でも問題になることがある
・天皇の誕生日は祝日になりがち(明治天皇の誕生日=文化の日)
・英語に訳すと(ShowaDay)

 

スポンサードリンク