Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

チューリップの色による花言葉と見分け方

チューリップの画像

 「咲いた咲いたチューリップが咲いた」の歌で有名なチューリップ。春の花として桜の次ぐらいに象徴的な花だと思いますが、不思議な事にいろんな色のチューリップが咲いていますよね?その色ごとに花言葉があるのはご存知でしょうか?チューリップの花言葉と思ってその意味を込めて相手に送ったけれど意に反する花言葉を相手に送ってしまったという恥ずかしい想いをしないためにも確認してみてはどうでしょうか?
 そして球根を買う前に既に◯◯色のチューリップが咲きますとして売られていますがどうやって見分けているのでしょうか?それについて記事にしてしました。

スポンサードリンク

 

チューリップの色別による花言葉の違いは?

 チューリップ全般の花言葉は「思いやり」という意味を持っています。しかし前述したとおり色によって花言葉が違うので気をつけましょう。赤色のチューリプは「愛の告白」という素敵な意味を持っています。黄色のチューリプは「望みのない恋」「名声」という意味を持っています。チューリップのプレゼントで赤と黄色の色の違いで意味が大違いになってしまいますね。怖いです。白いチューリップは「失われた愛」という意味を持っています。紫のチューリップは「不滅の愛」ピンクのチューリップは「芽生えた愛」という意味を持っています。沢山の色の種類があってわかりづらいですが、覚え方としては赤系統のチューリップはポジティブな意味を持っていると覚えれば良いのではないでしょうか?

【色別の花言葉】
赤=愛の告白
紫=不滅の愛
ピンク=芽生えた愛
黄色=望みのない愛
白=失われた愛
黒=私のことを忘れてください

スポンサードリンク

 

チューリップの色は咲く前にどうやって見分ければいいの?

 結論からすれば一般人では見分けがつきません。購入したチューリップの球根で色が記載されていると思います。しかしどうしようもない問題なのかもしれませんが、買ってきたチューリップの球根が目当ての色ではない花が咲いたという話をちらほら聞きます。どうやらチューリップは遺伝的に突然変異を起こしたりするようで目当ての花が咲かないケースがたまにあるようです。
 小学校でチューリップを植える授業とかあったと思いますが、私の学校では赤色の球根を植えたはずなのにちらほら違う色のチューリップが咲いてしまったことがあります。不思議だったので先生に聞いたことありますがごまかされたことあります。

咲き終わった球根はまた植えれば咲くの?

 答えは「咲きます」ただし手入れが重要なんですよね。咲き終わった球根を花が散った後に実のをハサミ等で落としてできるだけ球根に栄養分を行き渡るようにします。葉っぱが3割ぐらい黄色くなった後に土から掘り起こして保管しておけば・・・来年さく「かも」しれませんね。
 何で「かも」かというと掘り起こした球根は複数できていると思います。でもまだどれも大きくなく小さいんですよね。花を咲かせる為には大きく球根を育てなければいけないのですが、2.3年かかるケースもあるので正直購入しなおしたほうが早いというのが現実です。

チューリップの記事まとめ

・色によって花言葉がある
・赤系統のチューリップは素敵な意味をもつ
・黄色・白はネガティブな花言葉
・咲く色の見分け方は遺伝による問題で球根で見分けがつかない
・赤色が咲いた球根を育て直したら赤色が育つという単純な遺伝ではない

 

スポンサードリンク