Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

女性の日(旧婦人の日)という記念日が作られたワケとは

女性の日の画像

 女性の日ってご存じですか?私はその記念日の存在すら知りませんでした。気になって調べた結果結構しっかりとした理由があったので女性の日についてまとめました。

スポンサードリンク

 

女性の日とは?

 女性の日とは4月10日です。何でこの日が記念日かというところから説明をしたいのですが、『女性の日』って実は1998年までは『婦人の日』だったんですよ。女性の日を知るためにまずは婦人の日から説明したいと思います。

婦人の日とは1946年に制定された婦人参政権が由来

 戦前は男尊女卑が当たり前の世の中でしたが戦争が終わり男性と女性の差別をなくそうというスローガンから選挙権も男性だけではなく女性にも選挙権を与えようということで婦人参政権が1946年4月10日に制定されました。4月10日に婦人参政権が制定されたということで1949年にこの日を婦人の日として認定しました。

ちなみに日本の普通選挙は1925年からです。当時満25歳以上の男性のみに選挙権を与えられていた。

 

1998年に婦人の日から女性の日に改称

 何で名前を変えたかというのが調べても見つからなかったので憶測でですが、おそらく婦人という呼び方がだんだんされなくなったのが要因ではないでしょうか?
 それとこの女性の日に変えたのと同時にそれから一週間を「女性週間」と決めました。女性の日は初日ということになるみたいですね。

今は男性と女性は平等なのか?

 これはとても難しい問題です。世間は出来る限り男女平等にしようとしているのはわかるのですが、実際は難しい問題だってあるのです。人間の体のつくりでどうしたって男に子供は産めません。そういう部分で必ず差異が生じてしまうわけでそれによって色々な問題を抱えていますよね?

女性を守るために色々な決まりができるがそれを悪用する人もいるわけで

 女性専用車両とかもそうですよね。男からすれば「なんで男性専用車両はないのさ?」っていう部分では平等ではないかもしれません。しかし痴漢などから守るために専用車両は必要だと思います。
 そして、女の人が「この人痴漢です」と言った瞬間その人の人生が終わりかねないのも事実で、それを利用した脅しだって存在するわけです。平等を作ろうとしても結局色んな人がいるわけで難しい問題だと思います。

女性男性かかわらず人生って全然平等ではないと思います

 私は人なんて全然平等ではないと思って生きています。生まれつき裕福な家庭で生まれた人と飢餓に苦しみながら生まれた人が平等には思えません。だから仕方がないとも思いませんが人はみんな平等であるべきだなんて、自分が裕福な人生を送っている人が言える言葉なんじゃないでしょうか?

女性の日のまとめ

・女性の日は昔は婦人の日だった
・婦人の日は1946年の婦人参政権の制定日が4月10日だったことからつけられた
・1998年に女性の日に改称
・女性の日から一週間を女性週間と呼ぶ

 

スポンサードリンク