Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

クラフトビールの日(地ビールの日)はいつ?ビールとの違いは?

地ビールの画像

4月の記念日の中にクラフトビールの日という記念日があります。その記念日が作られた由来やいつなのか知っていますか?

そして私もよく知らなかった地ビールとビールの違いなどを記事にしています。

スポンサードリンク

 

地ビールの日に関する記事

地ビールの日はいつなのか??

1516年4月23日にビールに関する法令をバイエルン公国が発布されました。バイエルンとは今のドイツですね。強いサッカーチームがある場所ってことで私なんかは認識している地域ですね。

この4月23日ということにちなんで地ビールの日というのが制定されました。制定したのは日本地ビール協会というところで、1999年と意外と新しめの記念日となっています。

バイエルン公国が発布したビールに関する法令って?

簡単に言うと、この日にビールというものの定義を決めた日になります。『麦芽』『ホップ』『水』『酵母』のみを原料とするものをビールと呼ぶことを決めたということですね。

当時質の悪いビールが横行していたので取り締まろうということでこの日に『ビール純粋令』というものが発布されたわけです。

その後地ビールの日はクラフトビールの日と名前を変えている

地ビールの日はクラフトビールの日という名前に今は変わっているみたいです。そもそも地ビールという呼び方をクラフトビールという呼び方に変えようとしていますが、浸透していません。

なので、未だに地ビールの日という方がしっくり来ている方が多いみたいです。

スポンサードリンク

 

地ビールをクラフトビールという名前に変えようとしている理由は?

未だにクラフトビールという言葉よりも、地ビールの方が私なんかはしっくり来ています。しかし、なぜ急にクラフトビールという呼び方に変えようと思ったのでしょうか?

地ビールってマイナーなビールみたいな印象を持ってしまう人多いと思います。大手メーカー以外の少ししなびれた酒造メーカーが作っているビールみたいな印象ですよね?

しかし品質を重視しているビールの方が多いことはご存じですか?大手メーカーはやはり大量生産を考えなければ行けないので品質よりも物量を優先する傾向があります。

それに比べて地ビールを作るメーカーさんは各自こだわりというものがあって、それぞれ独特の味を追い求めています。その結果、ビールの世界大会では日本のビールが数々の賞を受賞しています。

こうした品質や、オリジナル性を求めたビール職人が手塩をかけて造るビールをクラフトビールと呼ぼうという流れがあるわけです。

地ビールとビールの違いって何ですか?

1994年4月に酒税法が改正されました。それまではビール製造業者として認可を受けるためには年間2000kl以上という基準があったため、大手しかビールを造ることが出来ませんでした。

しかし酒税法改正後は製造量が年間60kl以上と大幅に引き下げられたため、小さな製造業者でもビールを売ることが可能になりました。その時以降に作られたビールのことを地ビールと呼ぶのが定説みたいですね。

クラフトビールの日(地ビールの日)のまとめ

・クラフトビールの日は4月23日
・バイエルンのビール純粋令が1516年4月23日に発布されたことが由来
・ビールとの違いは酒税法改正後の小さな酒造メーカーが造るビールが地ビール
・最近は地ビールの事をクラフトビールと呼ぶ流れがある

 

スポンサードリンク