Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

あせもがなかなか治らない。ステロイドやワセリンは効果的?

子供が虫さされた画像

汗疹は一度発症してしまいますとなかなか治りません。特に子供の場合は痒いと我慢できずにかいてしまうので悪化する一方だと思います。

大人でも寝ている時などは無意識にかいてしまうので、なかなか治らないことが多かったりしますよね。

そんななかなか治らない汗疹ですが、治りにくい汗疹にはステロイド、ワセリンなどが効果的だという情報を耳にしました。それは本当なのか調べてみました。

スポンサードリンク

 

なかなか治らないあせもにステロイドは効果的なのか?

考える女性

ステロイド外用薬はあせもを治す薬として有用です。

ステロイドは副作用が怖いという印象が強くありますが、用量をしっかり守れば副作用はほとんどなく、炎症を抑える薬としてはこれ以上効果があるものはないのでは?と思われるぐらい効果的だったりします。

ステロイド外用薬の使い方としては治ったと思った時に塗るのを止めてしまってぶり返すという事がたまにあります。原因は素人目で治ったと思っていても痒くなくなっているだけで、治りかけの状態だったりするわけです。

せっかく治りかけの状態なのにもかかわらずステロイド外用薬を塗るのを止めてしまうと・・・ぶり返すというメカニズムだったりします。

でもステロイドといえば怖い、危険な薬という印象がありますよね?実際どうなのでしょうか?

ステロイド外用薬の副作用は2つ

皮膚が薄くなって血管が浮き上がってしまう

慢性的に強いステロイド外用薬を使っていくと皮膚が薄くなって血管が浮き上がってしまいます。しかし、汗疹などの為に少量のステロイドをきちんと用法用量を守って使う限りはそういった可能性は少ないと思われます。

顔に塗る時ににきびなどが悪化したりする恐れがある

ステロイド外用薬は炎症などを抑えるとともに皮膚表面の免疫の働きも抑えてしまいます。それによってニキビ、ペルペス、カンジダなど感染症を悪化させてしまったりする可能性があります。

顔に塗るときなどは人によっては逆効果になったりするので、その辺は気をつけたほうがいいようです。

巷で騒がれているステロイドの副作用は内服薬の副作用!

ステロイドというと怖い薬という印象を持ってしまいます。

主にスポーツ選手のドーピングとかステロイド内服薬を飲んで体や骨がボロボロになるという話を耳にすると思いますが、汗疹で使うステロイドはステロイド外用薬です。

ステロイドで皆さんが怖がる副作用の多くは内服薬の副作用を勘違いしていることが多いです。外用薬にはそこまできつい副作用はないのであまり気にしなくても大丈夫だったりします。

スポンサードリンク

 

なかなか治らないあせもにワセリンは効くの?

NGサインをする女性

コレは間違いです。

あせもの炎症を抑える効果はワセリンには全く入っていません。なので、ワセリンを塗っても逆効果になってしまう事のほうが多かったりします。

では何故ワセリンを塗るとあせもが治るという情報が巷では出回っているのでしょうか?

ワセリンは間接的にあせもを治していたりする

ワセリンの効果は乾燥などの刺激を防ぎます。その為初期のかゆみを抑えたり痒くて引っ掻いてできた傷を保護する働きがあります。

その為、初期のあせもだとワセリンを塗ることで傷を保護してかゆみを抑えてくれるため、結果的に自然治癒を助けてしまうことがあるため、ワセリンであせもが治ったという情報が流れるわけです。

ただ、なかなか治らないあせもなどにワセリンの効果はあまり期待できず、かえって悪化させる可能性の方が高いのでよしたほうが懸命でしょう。

まとめ

なかなか治らないあせもにはステロイド外用薬がオススメです。市販で売っている薬でも問題無いですが、副作用などの心配を考えるなら一度皮膚科に行って診察を受けてステロイド外用薬を貰って来たほうが確実です。

ワセリンに関してはなかなか治らないあせもにはあまり効果的ではなく、逆に悪化させる原因になるのでよした方がいいでしょう。

スポンサードリンク