Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

日焼けでからだがヒリヒリしている時のお風呂はどうする?

日焼け

日焼けでからだが赤くなってヒリヒリと辛い思いをしたことはありませんか?

人によって痛みや症状にも差はありますが、けっこう辛く感じる方も多く、お風呂に入るのもためらってしまいますよね。

そんな時に適したお風呂の入り方をご紹介したいと思います。

▶ 日焼け止めを塗るタイミングはいつ塗るのが正解?

スポンサードリンク

どうして日焼けをした後お風呂に入ると痛いの?

考える女性

日焼けは軽度のやけど状態だと考えてください。

強い紫外線を浴びて皮膚が炎症を起こすことで痛みを感じ、ひどい時には水ぶくれになるほど悪化してさらに辛い思いをすることになります。

やけどを経験したことがある方なら想像できると思いますが、その箇所をお風呂につけるのは辛いですよね。

日焼けも当然同じやけどなので辛いわけです。そうならないように日焼け止めを塗ったり塗り重ねるといった対策をしておくことはとても重要なんですね。

水風呂やぬるめのお風呂に入る

お風呂に入る子供

熱いお風呂に入るのはただ辛いだけですからやめておくべきです。

日焼けの状態が悪化してしまう可能性もありますし、入るなら日焼け部分を冷やしながら入浴することが大切ですね。

やけどと同じと考えるならいっそ水風呂に入って芯まで冷やしてしまいたいと思うかもしれませんが、それはそれで辛くて耐えられそうにありません。

ただ、水風呂に入るとすっと熱が取れていくような爽快感が得られるのも事実です。これらのことから、からだに無理のかからないくらいの水温を心がけて楽に入浴を済ませましょう。

水風呂にこだわらなくても、ぬるいだけでいつものお風呂よりずっと楽に感じられると思います。

スポンサードリンク

シャワーのみで我慢する

シャワー

湯船につからずにシャワーのみで我慢した方がずっと手軽なのではないでしょうか。

水温も調整しやすいですし、からだが温まりすぎないので涼しいうちにお風呂タイムが終了できます。

特に水ぶくれができているようなひどい状態なら、潰れた部分から細菌などが入る心配があるのでシャワーの方が清潔で安心ですね。

からだを洗う時に気をつけることは何?

ポイント女性

あまりにもヒリヒリと痛みが強い時には、無理にお風呂に入らずに塗れたタオルなどでからだを拭くだけでもさっぱりします。

こすりすぎると刺激になってまたからだが熱くなってくる恐れもあるため、力加減には十分気をつけてくださいね。

お風呂に入ってからだを洗うにしても、いつものようにしっかりこすって汚れを落とすということは諦めた方がいいでしょう。

ボディーソープも刺激になる可能性がありますので、日焼けで弱っている肌には低刺激のボディーソープで優しく洗ってあげるようにしてください。

滑らかな肌触りのスポンジを使うことや、手のひらで優しく洗い流すという方法もいいですよ。

まとめ

ヒリヒリが辛いうちはまずその箇所を冷やして熱を落ち着かせましょう。

入浴のことを考えるのはその後からです。あまりにも熱がひかないとか、水ぶくれがひどくて辛いのであれば皮膚科に行って医師に相談してみることをおすすめします。

▶ 日焼け後のケアはアロエジェルが効果的?

スポンサードリンク