Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

かき氷を英語でいうとフラッペなの?実は違う食べ物なの?

かき氷

氷のシャリシャリ感とシロップの甘さが暑さと疲労回復にピッタリなかき氷。夏になると欠かさず食べる方も多くいらっしゃいます。

そんなかき氷を英語で言うと「フラッペ」と答える方もいらっしゃいます。でもフラッペとかき氷は違う食べ物なんですよ。

かき氷とフラッペの違いを考えてみたいと思います。

▶ かき氷のシロップは全部同じ味というのは本当なのか?

スポンサードリンク

かき氷は英語でいうと?

1を示す手

かき氷を英語でフラッペと思っている方は多くいらっしゃいますよね。でもかき氷を英語で言うとshaved ice(シャーベットアイス)です。

ただ同じ英語圏であっても国や地域によって呼び方が異なります。

まず観光名所の代表格ともいえるハワイではshaved ice(シャーベットアイス)だけでなくHawaiian shave ice(ハワイアンシャーベットアイス)とも呼ばれています。

アメリカでは大きめに砕かれたボールの形にされた氷をコーンに乗せたスイーツがある事で”snow cone(スノーコーン)とも呼ばれています。

国や地域で呼ばれ方が違いますが、 shave ice(シャーベットアイス)が最もスタンダートな言葉となっている事で、かき氷の英語は shave ice(シャーベットアイス)が良いと思われます。

ただ外国人にshave ice(シャーベットアイス)と伝えても日本のかき氷として通じない場合もあるので、Japanese shaved ice (ジャパニーズ シャーベットアイス)が説明し易いですね。

スポンサードリンク

かき氷とフラッペって何が違うの?

フラッペ

英語でかき氷はshaved ice(シャーベットアイス)となっている事で「フラッペは何?」と感じてしまいますよね。

フラッペはフランス語で「氷で冷やしたもの」という意味があります。

日本のかき氷は削った氷にシロップ等をかけて食べるスタイルですが、フラッペは削った氷にアイスクリームやフルーツといったトッピングを乗せたスイーツとなっています。

かき氷をよりオシャレに飾ったスイーツがフラッペだとイメージ出来れば区別し易いですね。

スタバに売っているフラペチーノは?かき氷?フラッペ?どんな感じなの?

フラペチーノ

スタバでコーヒーを楽しまれる方も多くいらっしゃいますよね。そんなスタバで大人気商品と言えば「フラペチーノ」。

このフラペチーノは砕いた氷と香り豊かなコーヒーのミックスで作られています。その為、かき氷なのかフラッペなのか気になっちゃいますよね。

スタバのフラペチーノという商品はスタバの商標ともなっており、フラッペとカプチーノを掛け合わせた造語となっています。

つまりスタバオリジナルのスイーツともなっているのです。その為、フラペチーノはかき氷でもフラッペでもない新たなスイーツで良いと思われます。

フラッペが日本で浸透した理由は?

フラッペはフランスの氷菓となっていますが、日本で一般的にフラッペが浸透したのはかき氷器の製造会社が、かき氷の新しいスタイルとして果物等をトッピングし、販売した事で広まったそうです。

あとがき

かき氷とフラッペは全く違うスイーツとなっており、かき氷は英語でshave ice(シャーベットアイス)と言うのです。

かき氷もフラッペも夏にピッタリなスイーツとなっており、どちらも味わいたい氷菓ですよね。

▶ カキ氷のブルーハワイってどんな味?由来は?
▶ かき氷って和菓子なの?それとも洋菓子?歴史から紐解いてみる
▶ かき氷ってカロリー低いけどダイエットに不向きな理由とは?太る?

スポンサードリンク