Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

犬の夏バテの症状は?対策と食事には気をつけてあげよう

犬の画像

「犬も夏バテするって本当?」

夏バテって人間だけがする症状ではなかったりします。犬は人間とは違い言葉をしゃべれませんから夏バテをしていても「辛い・だるい」などという事は発してくれませんよね?

犬が夏バテをしているかはきちんと愛犬を観察してあげて元気なのか?調子が悪いのかしっかり見極めてあげる必要があります。

今回は犬が夏バテをしている時はどんな仕草をするか?対策や食事などはどう気をつければいいか記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

犬が夏バテしている時はどんな症状が出る?

考える女性

犬は喋りませんから普段とどう違うかというのを観察してあげる必要があります。ではどういうことに気をつければいいでしょうか?リストにしてみました。

犬が夏バテの時の症状
  • 食欲不振で普段食べるドックフードを残す
  • 散歩に行きたがらない
  • 普段名前を呼ぶと来るのに来ない
  • 下痢をしている
  • 嘔吐をする

これらの症状が出ている場合は夏バテの可能性があります。

しかし夏バテではなくてもっと深刻な状態かもしれませんので注視する必要がありますね。

スポンサードリンク

 

犬の夏バテ解消法は5つある

「犬が夏バテしている」

そう思ったら私達飼い主が出来る対策は5つあります。どういう方法があるか表にしてみました。

犬の夏バテ解消法
  • 普段とは違う食事をあげる
  • 散歩の仕方を少し変える
  • 犬小屋の場所を変えてあげる
  • 室内の温度を涼しくしてあげる
  • 適度にブラッシングをしてあげる

 

犬の夏バテ対策は食事から気をつけてあげる

犬の食事

「犬が夏バテであまりご飯を食べてくれない」

夏の暑い時期ですので夏バテしていなくても食欲が落ちるのは人間も同じです。普段よりも少しだけ食欲が無いな・・・程度ならあまり気にする必要はありませんが、目に見えて食べる気がないなという時は対策をしてあげましょう。

愛犬の大好物を食べさせてあげる

人間も食欲不振で食べる気がなくても大好物なら食べたくなりますよね?犬だって同じです。愛犬の大好物を食べさせてあげてみてください。

それである程度食べてくれるなら犬の調子が悪そうな時は少しだけ甘やかせてあげると元気になるでしょう。

普段のドックフードではなく鳥のささ身を混ぜたり野菜を細かく切ったものをあげたりちょっとだけ味を変えてあげると犬は喜ぶかもしれません。

犬の食事の注意点としてはあまりに良い物を食べさせると普段のドックフードを食べなくなる傾向がありますので、過大な甘やかしはよしましょう。

直接手から食べさせてあげる

エサ箱に入れないで直接人間の手から食べさせてあげると食べることもあります。こちらも注意点として手から食べるクセがついてしまうとエサ箱から食べなくなることもありますので、過度に甘やかさないようにしましょう。

普段よりも散歩に気を配ってあげる

犬の散歩

普段あまり気にしないで犬の散歩をしているかたは少し気をつけて散歩をしてあげる必要があります。

まずは散歩をする時間帯ですね。夏の暑い時間帯を避けて夕方以降の日が落ちた後に散歩をしてあげましょう。私達も暑い時間帯に犬の散歩をする気にはなれないように犬だって同じということです。

次に気をつけるのは散歩をするルートですね。あまりアスファルトを歩かせないようにする工夫が必要です。裸足で歩いてみればわかると思いますが、夏のアスファルトはフライパンみたいに熱いです。

そんなところを強制的に歩かされたら犬だって夏バテしてしまうのは容易に想像できると思います。できるだけ土の所を歩かせるなどの工夫が必要ですね。

犬小屋の場所に気を使う

外で犬を飼っている方は犬小屋の位置を工夫してあげましょう

日陰の場所に犬小屋を移動させてあげると体感温度はぐっと下がります。犬小屋の移動がなかなかできない方はすのこを引いてあげたり遮光カーテンなどを犬小屋にかぶせてあげるなどの工夫が必要です。

室内の温度も気にしてあげる

室内犬の場合は家の中の気温も快適な温度を保つようにしましょう。

ただし冷房をガンガンかけて涼しくすればいいというわけではありません。冷房をかけ過ぎると床が冷たくなって、犬が冷えてしまう恐れがあります。

その後散歩に行くと、急激な冷暖によって犬の体調を崩してしまう恐れがありますので気をつけましょう。対策としては『冷房を強くし過ぎない』『カーペットなどを敷いてあげる』などが効果的ですね。

ブラッシングをして熱を逃がしてあげる

「犬にブラッシングしても意味が無いのでは?」

実は結構夏バテに効果があります。犬は1年中毛布をかぶっているようなものです。毛で覆われている犬は熱を溜め込んでしまっている事が多いのでブラッシングをして熱を逃がしてあげましょう。

まとめ

犬も人間と同様に夏バテをします。犬は夏バテを自己防衛する手段がほとんどありませんので、飼い主である私達が気を使ってあげましょう。

犬の夏バテ解消法
  • 普段とは違う食事をあげる
  • 散歩の仕方を少し変える
  • 犬小屋の場所を変えてあげる
  • 室内の温度を涼しくしてあげる
  • 適度にブラッシングをしてあげる

 

スポンサードリンク