Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

夏バテで食欲不振の時に食欲を増進させる対策は?

夏バテの画像

暑い夏でだんだんとバテてきて食欲がなくなってくる方も多いと思います。

夏バテで食欲不振になっても、全く食事をしないとどんどん悪影響になるのは誰でもわかりますよね?でも全然食欲が沸かないからどうしようもない・・・。

今回は夏バテで食欲が無い時はどういう対策をすれば食欲が増進するのかまとめてみました。

スポンサードリンク

 

夏バテの原因は胃腸の機能が低下するところから

夏バテする女性

「夏バテで食欲がない」主な原因は胃腸の働きが低下していているところです。

つまり夏に胃腸の働きを低下させるような事をしないように心がけると夏バテの防止・対策に繋がるというわけです。どういうことに気をつければ胃腸の働きを低下させないでしょうか?

夏バテだからといって無理に精のつくものを食べようとするのは逆効果

NGサインをする女性

「夏バテだから栄養をつけないと」

と言って無理に重たいものを食べる人がいますがアレは逆効果です。

夏バテは暑さで胃の消化器官の機能が低下してなかなか食物の栄養の吸収が悪くなっているから食欲が出ないのです。

そんな状況の時に更に胃に重たい食事を詰め込んだら・・・回復するものもしませんよね?

夏バテで食欲が出ない時は無理に食事を取って栄養分を取ろうというのは間違った対策です。

夏暑いから必要以上に冷たい飲み物を飲むのも夏バテのもと

夏暑くて食欲が無い時って冷たい飲み物ばかり飲んでしまいませんか?

冷たい飲み物は飲み過ぎると内臓が冷えてしまい、胃腸の働きを鈍化させてしまいます。夏の暑い時に冷たい飲み物はとても欲しますけれど適度にすることが夏バテ対策になります。

注意点は水分を取るなということではありません。冷たい飲み物を飲み過ぎないというところが大事なのです。

甘いモノは疲れを取るというが、摂り過ぎは夏バテのもと

勉強とかで疲れをとるために糖分を摂るというのはよく言われますが実は一時的に疲れが取れたように錯覚しているだけだったりします。

人間の体は疲れを感じると脳が空腹のサインを出します。食事でエネルギー不足を補って疲れを取ろうとするのですが、糖分は体内で素早くエネルギーに変わります。なので甘いモノを欲します。

しかし糖分の摂り過ぎは疲労感を増長させたり、胃への負担がかかるため夏バテだからといって必要以上に糖分を摂ると、逆効果になってしまうというわけです。

スポンサードリンク

 

夏バテ対策に食欲が増進する食べ物とは?

考える女性

前項までで、夏バテの為に胃を弱らせないように気をつけるという話をしました。

ではどういう食べ物が食欲を増進させるのでしょうか?

ミネラル成分が豊富な食べ物を補給する

ミネラルは体の調子を整えるために必要な栄養素ですが、夏に汗をかきすぎると失ってしまいます。

体の調子を整えるミネラルが不足したら夏バテをどんどん加速してしまいますよね?なのでミネラルを補給するのは夏バテ対策になります。

ミネラルが多く入っている食べ物といえば、『海藻類』『納豆』ですね。海藻類といえば、「ワカメ」「昆布」「海苔」などがあげられます。

クエン酸が含まれた食材

レモンの画像

酸っぱいものを食べると食欲がそそりますよね?夏バテで食欲不振の方はクエン酸を補給すると改善する可能性あります。

クエン酸には疲労回復があり、夏バテで弱った胃腸を回復してくれます。

クエン酸といえばレモンなど果物に多く含まれています。夏バテでがっつりしたものが食べられない時に果物みたいな軽く食べられるものを補給すると夏バテ解消につながります。

他にも酸っぱいものに基本的に含まれています。『梅干し』『酢の入った食べ物』などですね。

生姜

生姜の画像

生姜といえば冬に体を温める為に食べると良い食材ですが、体を暖める効果が、冷房や冷たいものの飲み過ぎで冷えてしまった内蔵を温める効果があるので夏でもオススメです。

お味噌汁

お味噌汁

お味噌汁は食欲を増進する効果があります。

味噌の原料は大豆ですが、麹の発酵作用で大豆のタンパク質がアミノ酸に分解されて消化されやすくなります。

そして夏といえば暑くて汗をかきます。汗で塩分を体外に出してしまって不足した塩分を補給してくれます。

ただし塩分は摂り過ぎたとても体に良くはないので夏バテにお味噌汁が効果あるといっても何杯も飲むのは体に良くないです。

スポンサードリンク