Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

熱中症と夏バテの違いとは?症状が出た原因を探そう!

暑がる男性

夏にだるくて仕方がなく症状と言えば「夏バテ」「熱中症」を想像するのではないでしょうか?夏バテはまあ緊急を要さない病気ですが、熱中症は放っておくと死の危険がある症状だったりします。

そもそもこの2つってどういう違いがあるかご存知ですか?調べてみました。

スポンサードリンク

夏バテとは

暑がる男性

夏バテとは、夏の気温が高い時期に起こる症状で病気とは異なります。具体的には体がすぐ疲れる、疲れがいつまでたってもとれない、空腹のはずだが食欲がない、何もやる気がおきないといった症状が起きます。

風邪や熱中症でも似たような症状は起きますが、こういった症状が発生することを夏バテと呼びます。

夏バテが起きる主な原因は、夏季の高気温時に冷房が効いている室内との温度差によって自律神経が機能しなくなることです。

人間は大きな温度の変化に対して弱くそれを頻繁に繰り返すと体のコントロールがうまく効かなくなります。

また、熱帯夜が原因の睡眠不足も夏バテを引き起こす要因のひとつです。睡眠不足は夏バテに限らず体を弱らす原因です。

これらの要因から結果として体の体温調節にエネルギーを割く為、体が弱ってしまい夏バテを引き起こしてしまいます。

スポンサードリンク

熱中症とは?

暑がる子供の画像

熱中症は、症状としては夏バテど同じようなこともさしますが熱中症とは体内の水分やナトリウムのバランスが崩れることにより発生する症状のことです。

こういった症状が怒る原因としては夏の暑さや、室内との温度差、熱帯夜の睡眠不足等により体内の温度調節機能が破綻してしまっていることです。

熱中症は軽度であれば、軽いめまいや頭痛、通常以上の発汗といった症状ですが重度になれば、意識を失ってしまい、病院への搬送が必要な場合や最悪の場合死に至る可能性もあります。

熱中症が起きやすい場所は、部活が行われている体育館や、太陽がずっとあたっている工事現場などですのでこういった場所での活動を行う場合は特に注意が必要です。

熱中症を防ぐためには、あらかじめ暑さを避けることや、こまめな水分補給、日ごろから睡眠不足を避けて食事をしっかりとってエネルギーを補給することなどが必要です。

初期症状はどう違うのか?どう判断して対処すれば良いのか?

指をさす男性

夏バテと熱中症は似た症状もありますが、最も異なる点は発生の仕方にあります。

夏バテは日ごろの睡眠不足や疲れなどから少しずつ体がだるくなってきたり食欲がなくなってきたりするのに対し、熱中症はそれまでは健康だった人でも一日の活動で急に体調が悪化してしまう場合があるということです。

夏バテに関しては風邪のひきはじめのように、特にハードな活動をしたあとでなくても体がだるくなったり疲れがとれなかったりといった実感が起きてきます。

こういった症状を感じたら無理をせずに休養をとることや、病院での診察を受けて夏バテが長引かないようにすることが大切です。

一方で熱中症はそれまで健康であっても一日で発生することもあるので暑い場所で長時間活動する際には注意が必要です。

熱中症の初期症状は軽いめまいや発汗がとまらないといったものです。こういった症状が起こったら無理をせずに日が当たらない涼しいところで休み水分をとることが大切です。

こういった症状が起きているにもかかわらず活動を続けてしまうと意識を失うことや、病院へ搬送されるといった事態まで発展してしまいます。

夏バテと熱中症、症状は異なりますがどちらも日ごろの対策と早期の発見が大切です。自分が違和感を感じた場合や、ほかの人がこういった症状を起こしている場合は無理せずしっかりと対処することが夏バテと熱中症を対策する上で最も大切なことなのです。

まとめ

夏バテと熱中症はどちらも体がだるくなるのは一緒ですが、どうしてその症状が起きたのか?という原因を考えれば違いがわかります。

だんだんとだるくなってきたなと感じたら夏バテ、炎天下に長時間いた事によって起こったなら熱中症の可能性が高いです。

これらをきちんと把握しておけば対策も取れると思います。

▶ 夏バテに甘酒って効果があるっていうのは本当?

スポンサードリンク