Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

父の日に送るバラの色が黄色のワケはこうだった!

     父の日

黄色いバラ

父の日に送る花といえばバラですね。そして黄色いバラというのが一般的常識です。黄色の薔薇ってあまり見かけません。バラといえば赤みたいなイメージがあるのは私だけではないと思います。

では、何故父の日に送るのがバラなのか?そして何故黄色なのか?その辺がきになったので調べてみました。

スポンサードリンク

 

父の日ができた理由は?

父の日ができた由来と関係があります。父の日って「母の日があるのに何で父の日がないのか?」という事からできたらしいです。

アメリカ人ジョン・ブルース・ドット婦人が母の日があって何で父親に感謝をする日がないのか疑問に思い必要性だと考えました。

彼女は父親っ子というよりも幼く母親を亡くし父親に苦労して育てられたらしいです。しかも6人もの子供を父親一人で育てたそうです。相当の苦労があったと思います。父親は6人の子供全てが成人した後亡くなります。

そんな父親の姿に感謝していたドットさん。どうにかこの感謝を形に表せないかと思って父親に感謝する日を作ろうと活動をします。

その活動が冬至の大統領、ウィルソン大統領の目に触れて1916年に「父の日」が認知されます。そして1966年ジョンソン大統領によって父の日を賞賛する大統領告示を出し6月の第3日曜日を父の日に定めます。その後1972年に正式に国の記念日として制定されることになります。

スポンサードリンク

 

何故バラを贈るのか?

父の日を作ることを訴えかけていたドット婦人が父の墓前に白いバラを供えた事が由来となっています。母の日は白いカーネーションを供えましたので、それにちなんで贈ったのだと思います。

バラは何色を贈るのが一般的なの?

それぞれのバラの色の花言葉

・赤い色のバラ:情熱、愛情
・白い色のバラ:尊敬、純潔
・黄色のバラ:献身、友情

 

となっています。父親には白いバラを贈るのがとても適している花言葉なのですが、ドット夫人は亡くなった父親に白いバラを贈ったことから、生きている父親に贈るには縁起が悪いとされています。

ちなみにアメリカでは生前の父親には赤いバラを贈るみたいです。しかし日本では赤いバラよりも黄色いバラのほうが父の日に贈る花として認知されています。

何で日本は黄色いバラになったの?

コレは父の日イエローリボンキャンペーンからきています。父の日にはプレゼントに黄色いリボンを添えて贈ろうというキャンペーンですね。イギリスでは黄色は身を守る色とされているのにちなんで黄色いリボンを贈るみたいです。

その黄色の流れが黄色いバラを贈るきっかけとなり、日本では黄色いバラを贈るようです。

父の日に黄色いバラを贈る理由まとめ

・父の日はアメリカ人のドット夫人の父への感謝の気持ちから作られた記念日
・ドット夫人は父の墓標にバラを供えたことがバラを贈るきっかけ
・亡くなっている父親には白いバラ、健在の父親には赤いバラがアメリカ流
・日本は父の日イエローリボンキャンペーンの流れから黄色いバラを贈る

 

スポンサードリンク