Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

菜の花とほうれん草の見分け方や栄養価の違いを調べる!

菜の花

毎日の食卓には数多くの食材がしようされた料理が並びます。お肉やお魚、そして栄養たっぷりの野菜たち。

どれも人間が生きていく上で欠かせない存在となっています。

その中でも大久のビタミン類が豊富な野菜は生で良し焼いて良しとあらゆる調理法で食べられています。

その中には「菜の花」や「ほうれん草」といった栄養抜群の野菜もあります。

でもパッと見で「どっちが菜の花でどっちがほうれん草?」と疑問を感じてしまう方も多くいらっしゃいます。

そこで菜の花とほうれん草についてご紹介します。

▶ 菜の花から菜種油を採るは半分本当で半分嘘だったりした!

スポンサードリンク

菜の花とほうれん草の栄養価の違いとは?

驚く表情をするビジネスマン

まず「菜の花」はほうれん草よりもビタミンCが多い食材となっています。

また妊娠中の女性には欠かす事が出来ない栄養成分「葉酸」がほうれん草よりも含まれています。

さらに美容に大きな効果を齎す食物繊維やビタミン類もほうれん草よりも含まれており、栄養成分が豊富な食材とも言えます。

しかし「ほうれん草」も数多くの栄養成分が豊富な食材となっているのです。

冬の時期に収穫されるほうれん草は夏の時期の3倍ものビタミンCが含まれているのです。
さらに女性の天敵とも言える浮腫み。

これは体内中の塩分の過多による現象が一つとなっています。

カリウムには体内の塩分を汗とともに体外へ排出する作用に効果的となっており、浮腫みの解消に繋がります。

またほうれん草の根本部分がピンク色で切り落としてしまう方もいらっしゃいますが、これは「マンガン」という成分によるものです。

マンガンは骨の形成を助ける働きがあり、上部な骨格を作る為に必要な成分となっています。

またマンガンの摂取不足は女性が一番気に掛かる肌荒れ問題にも繋がってしまいます。
ほうれん草にも優れた栄養成分がたっぷりと含まれているのです。

スポンサードリンク

菜の花とほうれん草、おひたしにすると味の違いは?

考える女性

「菜の花」はおひたしにすると独特な苦みを感じる事があります。しかし噛む程に葉物の甘みが感じられ、クセになる方が多くいらっしゃいます。

「ほうれん草」もおひたしにすると甘みを感じる事が出来ますが、ほんのりとした苦味があります。

この苦味はシュウ酸という成分となっており、多量摂取するとカルシウムと結びつき骨粗鬆症の原因ともなってしまいます。

しかし茹でておひたしにするとシュウ酸は70%程お湯に溶けてしまう為、ほとんど問題ありません。

菜の花とほうれん草、簡単な見分け方は?

調べる女性

「菜の花」は春を代表する野菜となっており、キレイな黄色の花が特徴的です。

その色合いの美しさから花付きの菜の花は和食は勿論、フレンチや中華等あらゆる料理で生かされています。

また茎の部分がほうれん草よりも太く、葉っぱはアブラナ科となっている事で、シワやギザギザがあります。

「ほうれん草」は細く長い茎が特徴的で丸みを帯びた長い葉っぱが特徴的となっています。

あとがき

「菜の花」は春の食材となっており、苦味がある事で馴染みの無い方もいらっしゃるかと思われます。

しかし菜の花もほうれん草も栄養成分がたっぷりと含まれている食材となっています。どちらも見かけたら積極的に食べて頂きたい野菜なのです。

▶ 菜の花とアブラナの違い。ブロッコリーやキャベツも親戚?
▶ 菜の花の開花時期とオススメ観光スポット

スポンサードリンク