Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

アボカド?それともアボガド?正式名称はどっちなの?


アボカド

ディップやサラダで味わう事ができるアボカド。パーティーでも喜ばれる食材の一つとなっていますよね。

さて、アボカドを発音される時「アボガド」と言ってはいませんか。アボカド?アボガド?一体どっちが正しい名前なのでしょうか。

そこで今回は【アボカド?アボガド?正式名称はどっち?】について触れてみたいと思います。

▶ アボカドの最適な保存方法は?日持ちするコツってないの?

スポンサードリンク

アボカドとアボガドどっちが正しいの?

悩む

アボカドって美容や健康面に優れた栄養が含まれていることで、人気の高い食材ともなっていますよね。

しかしアボカドを「アボガド」と言っている過多もいらっしゃいますよね。

外食先でどちらの言葉で伝えてもしっかりとアボカドが提供されてきますが、一体どっちが正しいのか気になりませんか。

正式名称は「アボカド」です。言葉に出すと「アボガド」の方が言いやすいですが、正式名称は「アボカド」なのです。

農林水産省はアボガドでも間違いではないと言っている?

正式名称は「アボカド」ですが、農林水産省によると「アボガド」も間違った言葉ではないとされているのです。

アボカドが正式名称なのにどうして?と感じてしまいますよね。それは、日常的に「アボガド」という呼ばれ方が浸透しているからです。

「アボガド」という言い過多は間違った言葉ですが、家庭は勿論、スーパーやレストランでもしっかりと伝わる言葉で、ごく当たり前に浸透している為、間違った言葉ではないとされています。

スポンサードリンク

何でアボガドって間違える人が多いの?

アボカド

アボカドが日本に浸透した歴史が浅いから

アボカドは明治期に日本へ導入されていますが、一般的に広まったのは1990~2000年代と比較的新しい食材となっています。

その為、日本人にとってはそれ程馴染み深い食材となっていない事が間違った人が多い理由の一つとなっています。

日本語の発音の問題

日本語の発音も大きな問題となります。日本語では前後に濁点があると、その言葉も濁点を付けた方が発音しやすいのです。

「アボカド」は「ボカド」と「カ」の前後が濁点になっています。

前後に濁点があると間に挟まれている「カ」は発音し難い言葉となっており、「カ」ではなく「ガ」とした方が発音しやすい言葉となるのです。

アボカドという名前の由来は?

アボカド

そもそも何故アボカドという名前なのかご存知ですか。アボカドの名前の由来、それは「睾丸」なのです。

「睾丸って男性の…」となりますが、まさにその睾丸なのです。スペイン語の古い言葉であるナワトル語で「睾丸」を意味しているのです。

その理由は簡単、形が似ているからです。

睾丸の形をよく見た方ってそれ程多くいらっしゃらないと思いますが、女性の多くが好きなアボカドは睾丸という意味なのです。

あとがき

アボカドを「アボガド」と発音される方がいらっしゃいますが、アボガドでもしっかりと伝える事ができるので、あまり気にかけなくても大丈夫です。

それよりも、アボカドは男性のタマタマである睾丸が名前の由来となっていたのですね。女性から大人気の睾丸…ではなくアボカドは実に面白い食材なんですね。

▶ アボカドの皮むきのコツは?身近なもので簡単に剥けるって本当?
▶ アボカドの皮や種って食べられるの?毒とかないの?
▶ アボカドは生で食べる?加熱する?栄養価が変わるって本当?

スポンサードリンク