Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

アボカドの皮や種って食べられるの?毒とかないの?


アボカド

アボカド人気は年々急増する傾向にありますよね。

美容面に効果的な成分なたっぷりと含まれており【森のバター】と称される程、高い美容効果を齎してくれますね。

さて、アボカドって濃厚でトロリとした果肉が魅力的ですが、大きな種や皮は捨てている方がほとんどですよね。

寧ろ、種や皮って食べる事ができるのか考えた事もありませんよね。

そこで今回は【アボカドの皮や種は食べられるのか?】【アボカドの種や皮に毒は含まれていないのか?】についてご紹介致します。

▶ アボカドは生で食べる?加熱する?栄養価が変わるって本当?

スポンサードリンク

アボカドの皮に含まれている栄養はあるの?

ポイント

アボカドを剥いた十時、皮って捨てていらっしゃいますよね。そもそも「皮に栄養があるの?」と感じてしまいますよね。

実は【アボカドの皮にも栄養が含まれているのです】アボカドの特徴とも言えるのが深緑や黒色の皮。この皮の色はクロロフィルです。

クロロフィルは葉緑体に含まれている緑色の色素で、葉物野菜に多く含まれている成分です。

クロロフィルは血液の基となるヘモグロビンとよく似た組織となっており、血液を作る働きがあります。

冷え性や貧血の改善、代謝のアップやコレルテロール値の減少といった多くの効能が期待できる成分です。

栄養があるのはわかったけれど皮って食べても美味しいの?

アボカドの皮は実は栄養がふくまれています。でも「食べても美味しいの?」と思ってしまいますよね。

アボカドの皮は生で食べると青臭さがあり、あまり美味しくはありません。細切りにしてバター炒め等にすると、生よりは美味しく味わう事ができます。

スポンサードリンク

アボカドの種は毒が含まれているって本当?

アボカド

アボカドの種には毒が含まれていると言われています。アボカドの種には「ペルシン」という毒素が含まれています。

しかし、この毒は人間以外の動物にとっては中毒症状の原因となりますが、人間にとっては問題の無い成分となっています。

ただ、ゴムアレルギーを持っている方はこのペルシンが反応し、アレルギー症状が発生する場合もあるので注意が必要です。

結局アボカドの皮や種って食べたほうがいいの?

アボカドの種は果肉よりも優れた栄養が含まれている部分ともなっています。

皮も健康面において効果的な栄養が含まれていますが、アレルギー等の症状を持っている方は食べるのを避けた方が良いと思われます。

アボカドの種は色々用途がある?

アボカドの種には沢山のアミノ酸が含まれている事や強い抗酸化作用、免疫力アップが期待できます。

さらに塗薬としての効能も期待でき、素晴らしい効能を期待できる部分となっています。

しかし、種を摂取する前にゴムアレルギーを持っていないのかをしっかりと確認する事が大切ですね。

あとがき

アボカドの皮や種も食べる事ができる部分となっています。でも皮はあまり美味しさが味わえなかったり、種はアレルギー発症につながる恐れがあります。

皮や種には沢山の栄養が含まれていますが、果肉部分だけでも栄養が豊富となっているので、無理に食べない方が無難かと思われます。

▶ アボカドは変色しても食べれるの?防止する方法は?
▶ アボカドは野菜?それとも果物?あなたはどっちだと思いますか?
▶ アボカドを食べ過ぎると下痢や腹痛や太るって本当?

スポンサードリンク