Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

甘エビの頭は捨てるのは勿体無い!唐揚げにすると美味!

甘エビ

日本が海に囲まれた島となっている事で、国内では多くの海産物を味わう事が出来ます。

マグロやサンマ、ホタテと海産物の宝庫ともなっていますが、忘れてはいけないのがエビです。

エビは日本だけでは無く、諸外国でも人気の海産物として多くの方から親しまれています。

そんなエビにもさまざまな種類がありますが、刺身やお寿司屋さんで人気のエビと言えば「甘エビ」です。

濃厚な甘さが口いっぱいに広がり、その旨味にやみつきになる方も多くいらっしゃいます。

そんな甘エビをスーパー等で購入すると殻が付いている事も多く、下処理の殻剥きが面倒に感じる方もいらっしゃいます。

でもこの殻、実はエビの美味しさを味わうなら捨てない方が良いのです。そんな甘エビの旨味が凝縮された頭や殻の魅力をご紹介します。

▶ 甘エビはそのまま食べずにきちんと洗う必要があるって本当?

スポンサードリンク

お刺身用の甘エビの頭は実は食べられる部分だったりする!

ポイント女性

お刺身用の殻付きの甘エビには当然頭も一緒に付いています。

多くの方は濃厚な甘さが魅力な身の部分を食べて外した頭を捨てている事も多くあるかと思われます。

「身は生で食べれるけど、頭は生で食べれない」と多くの方が思っているハズです。しかしお刺身用の甘エビの頭は食べる事が出来るのです。

頭にはミソがたっぷりと詰まっており、かぶりついてチュウチュウと吸うと身とは違う濃厚な甘さを堪能出来るのです。

その為、お刺身用の甘エビを購入したら頭も味わって頂きたいのです。

甘エビの頭どうやって食べるのがオススメ?

甘エビの画像

甘エビの頭はお刺身用であればかぶり付いて数と濃厚な甘みを感じる事が出来ますが、殻が邪魔になってしまう事もあります。

そんな殻を存分に堪能するならばやはり「唐揚げ」が一番のお勧めとなります。

高温でカラッと揚げられたエビの頭に塩をまぶすだけ。至ってシンプルな料理ですが、殻ごと食べられ旨味が凝縮された頭はビールやお酒のお供にピッタリ。

また頭を軽く潰してコトコト煮るだけで、甘エビの旨味が凝縮された絶品スープが出来上がる為、鍋や味噌汁の出汁としても味わう事が出来ます。

スポンサードリンク

甘エビを頭を使ったラーメンなどもあったりする?

濃厚な旨味が魅力な甘エビはどんな調理法でも美味しく食べる事が出来ますが、「さすがにラーメンは無い」と思う方もいらっしゃいます。

世の中には伊勢海老の頭をからスープを作った「伊勢海老ラーメン」がありますが、「甘エビラーメン」を提供しているラーメン屋も多くあるのです。

あるお店ではラーメン一杯に「甘エビ50尾分」が使用された甘エビラーメンを提供しているお店もあり、甘エビ好きは勿論このラーメンで甘エビの魅力にハマった方も多くいらっしゃいます。

甘エビの頭が黒い!これは食べたらいけないサイン?

考える女性

甘エビを購入して「今日は身の部分で頭は明日食べよう」と頭を冷蔵庫に入れている方も多くいらっしゃいます。

しかし翌日、冷蔵庫から頭を取り出すと黒くなっており「腐った」と勘違いする方もいらっしゃいます。

これは鮮度が落ちた事で、黒く変色してしまっていますが、味噌汁の出汁等の熱を加えた調理法で食べれば全く問題ありません。

ただエビ特有の匂いが強くなっている事もあるので、少し匂いが苦手な方は頭をオーブンで10分程焼くと匂いが軽減され、気に掛ける事なく味わう事が出来ます。

まとめ

甘エビは甘い身の部分が好きな方もいれば、甘エビの旨味が凝縮されている頭が好きな方もいらっしゃいます。

やはり甘エビを存分に堪能したいなら、頭ごと食べる事で甘エビの魅力を最大限に味わえます。

頭は唐揚げは勿論、煮込む事で旨味が凝縮されたスープともなるので、これまで頭を食した事が無い方には是非味わって欲しい部分となります。

▶ 甘エビの食べ過ぎは危険?プリン体が多く含まれている!
▶ 甘エビの名産地は北海道?他にどこで穫れるの?

スポンサードリンク