Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

甘酒が癌に効果があるというのは本当?

甘酒の画像

「甘酒が癌に効果がある?」

お正月などで飲む機会がある甘酒ですが、実は癌に効くという情報があるそうです。

しかし私はそんな情報を聞いて少し疑ってしまいます。藁をもつかむ思いの人にこういう美味しい話をすると簡単に騙されるみたいな商法を感じてしまうからです。

甘酒は本当に医学的に効果があるのか?調べてみました。


スポンサードリンク

甘酒はアスペラチンという成分が癌に効くと言われているらしい

ポイント

甘酒の成分の中にアスペラチンという栄養素があります。下記のような効果があると言われています。

アスペラチンは免疫力を高め、癌の増殖を抑制する効果があり、抗癌成分として注目されている。

これを読んでしまうと。凄い効果が甘酒には含まれているんだなということを思います。

じゃあ甘酒を飲んでいたら癌は治るの?

しかし効果はあるのかもしれませんが、どのぐらい効果があるかということははっきりはわかってはいません。

ポリフェノールが癌の効果があると数年前に言われていました。川島なお美さんはワイン通で有名でしたが癌で亡くなってしまいました。

多くの健康食品の「○○に効果がある」というのは雀の涙程度の効果しかないけれど、それを少し過大に紹介することでとても効果があると視聴者などに錯覚させてしまっているというのが現状ではないでしょうか?

アスペラチンは癌に効果があるとは言われていますが、医学的には根拠がない話だったりします。

民間療法として甘酒を適量飲んで癌に効果があるから期待するという飲み方をするならよいと思いますが、癌を治すために甘酒を飲むのは私はオススメしません。

スポンサードリンク

甘酒は免疫力に期待して飲むというのがよいと思う

癌を治すために甘酒を飲むというよりも免疫力を高める為に甘酒を飲む

これが正しい甘酒との付き合い方だと思います。甘酒は発酵食品ですので腸内環境を整えたり免疫力を高めたリしてくれる効果があると言われています。

免疫力を高めることで、体外から入ってきた悪い菌などから体を守る力が増えると言われています。

甘酒は癌に効くとははっきり言えませんが、免疫力を高める飲み物ということはよく知られているのでそういう意図で飲むべきだと私は考えます。

甘酒は健康によいと言っても飲み過ぎは禁物

いくら体に良いと言っても過剰に飲むことは体への悪影響を及ぼします。

何事もほどほどにするというのが健康食品との付き合い方ですね。

甘酒は1日に100ml-200ml程度飲むのが適量と言われています。それ以上飲めば効果が高くなるということはなく、逆効果の可能性の方が強くなるので200ml程度を限度に考えましょう。

健康食品として甘酒をご所望なら米麹から作った甘酒一択!

甘酒の画像

甘酒は作り方が2種類あって、米麹から作るもの、酒粕から作るものがあります。

健康に効果が高いと言われる甘酒は米麹から作るものなので、米麹の甘酒を探すとよいと思います。

下のリンクは米麹の甘酒でオススメなので是非参考にしてみてください。



まとめ

「甘酒は癌に効果がある」

とても良い響きですが過信してはいけません。医学的には根拠がない事と今のところ言われている話です。

ただ甘酒には免疫力を高める効果があると言われているので、免疫力を高めることで癌になりにくい体づくりの手助けにはなるかもしれません。

少しでも健康の手助けになるよう1日に適量を飲む程度の甘酒は体によいと思うので是非飲んでみてください。

スポンサードリンク