Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

デラウェアは皮を剥いてから食べる?それとも皮ごと食べる?

デラウェア

小粒で人気の高い「デラウェア」。わりと手軽に買える価格で店頭に並んでいるので馴染みの深い品種ですが、ひと粒ひと粒食べていくうちに面倒になってきて皮ごと食べてしまいたくなりませんか?

皮ごと食べることでメリットはあるのか、逆に心配になるようなことはないのか調べてみました。

▶ 私達の知っているぶどう。デラウェアとマスカット、巨峰の違いとは?

スポンサードリンク

デラウェアは種がなくて食べやすい

デラウェアの画像

デラウェアはご存知の通り種のないぶどうです。一般的に日本ではぶどうと言えばこの品種を示します。

皮がないおかげで指で皮をつまむとつるんと実が出て非常に食べやすく、お子さんや手先が不器用な方、朝の忙しい時間でも果物を摂りたいという方には喜ばれていることでしょう。

種があると人前で種をぺっと吐き出さなければならず、女性は特に抵抗があると思います。その必要もないデラウェアはお弁当のデザートとしてもぴったりなぶどうですね。

そもそもなぜ種がないのかと言うと、ジベレリンという植物性ホルモンを利用して作られているからなんです。

その作業は2回行われ、1回目は種ができないように、2回目は粒を大きくするためにジベレリン液にぶどうを浸します。

ひと房ずつ浸すという作業はとても手間がかかりますが、その努力のおかげでわたし達は手軽に食べることができているわけです。

スポンサードリンク

デラウェアの皮は剥く?そのまま食べる?あなたはどっち?

考える女性

デラウェアは皮を剥いて食べる派の意見

皮を剥いて食べる理由はやはり実の味をしっかり感じたいからでしょう。

皮も同時に食べてしまうと皮の渋みや歯ざわりが気になり、実の甘さや食感がよくわからなくなってしまいますよね。

せっかく用意したというのにそれではぶどう本来の良さを楽しめていないような気がします。そして、先ほども述べたジベレリンという液も気になりますよね。

なるべくならよくわからないものを体内に摂り入れたくないと思うのが当然ではないでしょうか。

粒の小さいデラウェアをたくさん食べるには、その分たくさんの皮を剥かなければいけません。ちょっと面倒に感じる人もいるかもしれませんが、滑りが良くて剥きやすいためそれほど大変でもないはずです。

小さいお子さんに食べさせるには始めのうちは親が剥いてあげる必要がありますが、それなりに大きくなってくると自分で剥けるようになって楽しいデザートタイムになりそうです。

デラウェアは皮ごと食べる派の意見

皮を剥いて食べる方が多い印象ですが、洗った後にそのまま皮ごと食べてしまうという人もいると聞きます。

実だけで食べると甘さが強く感じられる品種なので、皮の渋みが加わることでバランスがいいと思えるのかもしれませんし、ポリフェノールや食物繊維が摂取できるという考えで食べている方もいるようです。

もちろんただ面倒だからという方もいるでしょう。さらに噛まずに飲み込んでしまう方までいるんだとか。のど越しを楽しむということでしょうか。何だかもったいないような気もしますね。

まとめ

デラウェアの皮を剥く作業は手先の運動にも良さそうですね。

もし皮ごと食べるのであれば、消化不良を起こさないためにも一度に食べ過ぎないようにしましょう。

▶ 種無し巨峰と種あり巨峰、どっちが美味しい?

スポンサードリンク