Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

カレーにじゃがいもを入れるか入れないか、あなたはどっち?

カレーの画像

去年の台風の影響により値段が高くなっている北海道産のじゃがいも。カレーやポテトサラダなど、使い道が多い野菜なので高いと困ってしまいますね。

そんな時にカレーに入れるじゃがいもくらいなら我慢できそうと考えていると、以前からじゃがいもは入れないで作る人もいるということを知りました。

入れなくてもおいしく作れるのでしょうか?

スポンサードリンク

カレーにじゃがいもを入れる派の意見とは?

ポイント女性

カレーにじゃがいもを入れるかどうかなんて考えもせず、それが当然だと思っている人は多いと思います。

子供の頃に食べた母親のカレーにはじゃがいもが入っていませんでしたか?スーパーでは玉ねぎ・にんじん・じゃがいもの手頃なセットが「カレーセット」などという商品名で売られていたりもしますよね。

それほどカレーの具としては当たり前の野菜ではないでしょうか。カレーにじゃがいもを入れて煮込んだ時の、荷崩れによるあのとろみが魅力でもあります。

長時間煮込んだように感じさせてくれるため、ちょっと手を抜きたい主婦にはありがたい点かもしれません。

もちろんカレーとじゃがいもの相性はバツグンです。おいしいから入れる、またはおなかいっぱいになるから入れるという意見も多いでしょう。

カレーにじゃがいもを入れない派の意見とは?

カレー

カレーにじゃがいもを入れるとカレーに甘さが溶け出してしまうのがいやだという意見もあります。確かにスパイシーなカレーを好む人には家庭的な甘みは必要ないのかもしれませんね。

また、じゃがいもよりも入れたい野菜があったり、野菜より肉を中心に作りたい場合ならじゃがいものボリュームが邪魔になることでしょう。

ルーとご飯をメインにさらさらっと食べたい人もいますし、スープカレーなどの場合はじゃがいもよりもかぼちゃのスライスがトッピングされていたりもします。

そう考えると「カレー=じゃがいも」とは言えないのかもしれませんね。

スポンサードリンク

わたしは○○派!

ポイント女性

わたしはと言うと、実は入れたり入れなかったりなんです。

家族にカレーを作る時にはじゃがいもを入れて作ることが多いのですが、今日はきのこカレーにしようなんていう時には入れずに作りますし、スープカレーの時はじゃがいもよりも彩りのいい野菜を使ったりもするんです。

入れる時はじゃがいもの甘みを考慮していつもより辛めのルーを使って作ります。使うじゃがいもの品種は黄色っぽくて甘みの強いキタアカリを選ぶことが多く、最近はちょっと高いのでなかなか手が出にくいのが悩みです。

まとめ

カレーにじゃがいもを入れるか入れないかによって、カレーの味自体も大きく変化するものです。

カレーは作り方が単調なので作る側にとっては飽きやすいメニューですが、具で変化をつけて調理を楽しむというのもいい方法でしょう。

煮込むのに飽きたら茹でたじゃがいもを後からのせてその上にチーズをプラスしてみてください。

じゃがいもの熱でチーズが溶け出し、おいしいトッピングとなってくれます。ぜひお試しを。

スポンサードリンク