Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

赤筋大根の特徴と旬の時期は?どんな食べ方がオススメ?


赤筋大根

出典:https://gogawa.exblog.jp/23142661/

みずみずしい肉質とシャキシャキとした食感を楽しむ事ができる大根は多くの方に親しまれている食材ですよね。

煮物やおでんの具材にしても、旨味をたっぷりと吸い込み、口いっぱいに美味しさが広がります。

さて、大根と言えば「青首大根」が一般的に食されていますよね。

しかし、大根には多くの種類があり「赤筋大根」という種類も人気が高い品種となっています。

今回は【赤筋大根の特徴や時期とは?】【赤筋大根のオススメの食べ方とは?】についてご紹介致します。

▶ 二十日大根という赤い大根の味の特徴は?葉っぱと根で栄養が違う?

スポンサードリンク

赤筋大根とは?

ポイント女性

赤筋大根は、主に福島県会津地方や東北地方で栽培されている大根です。名前に「赤筋」と付いていますが、皮表面に赤い筋が付いています。

この特徴的な見た目から「赤筋大根」と名付けられています。皮だけでなく、葉っぱ部分の部分にも赤筋を観る事ができます。

赤筋大根の食べたときの味などの特徴は?

赤筋大根は皮表面に赤い筋が観られますが、肉質は真っ白な色合いとなっています。水分は少ないですが、生食で食べるとカリッとした食感を楽しむ事ができます。

辛味は程良く感じられます。

主な産地はどこ?旬の時期っていつなの?

赤筋大根は福島県会津氏が主な産地となっています。福島県の他では、東北地方一帯で栽培が行われています。

生産量が少ないので、流通数も少ない大根となっていますが、種自体は一般的にも販売されているので、農家だけでなく家庭菜園を行っている方からも人気があります。

そんな赤筋大根は、11月中旬~12月上旬が旬の時期となっています。

今はほとんど流通されていないわけは?

赤筋大根は戦前に東北・北陸地方で広く栽培が行われていました。しかし、耐病に対して弱い性質があり、安定した収獲が困難となっていました。

その為、昭和30年頃には耐病性のある大根が主流となると、赤筋大根の栽培数も激減し、今や流通数がほとんど無くなってしまったのです。

また、会津ブランド推進委員会によって赤筋大根は「会津伝統野菜」としても認定されています。

赤筋大根のオススメの食べ方は?

調べる女性

赤筋大根はカリッとした食感を楽しむ事ができるので、漬物にピッタリな大根です。

また大根は加熱すると、煮崩れしてしまいますが、赤筋大根は煮崩れし難い大根となっており、煮物やおでんといった料理にもピッタリです。

また、赤筋大根は水分が少ない大根となっています。

その為、摩り卸しても水っぽさがほとんどないので、大根卸しもオススメな食べ方です。

あとがき

赤筋大根は白い表面に付いている赤いラインのテクスチャーの美しさが魅力的な大根となっています。

大根本来の辛味も程よく、楽しめ水っぽさも抑えめとなっており、大根卸しにもピッタリですね。

福島県が誇る古き善き大根として、地元の方から親しまれている大根なのです。

▶ 辛味大根の種類一覧!意外とたくさんの種類があった!
▶ 赤い大根の種類一覧!普通の大根と栄養価が違う?
▶ 白い大根の種類一覧!自分の好みの大根はどれだ?

スポンサードリンク