Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

ふきのとうには栄養が豊富!でも食べすぎると良くないって本当?

ふきのとう

春の時期の畦道や河川敷を通るとひょっこりと顔を覗かせるふきのとうが春の訪れを感じさせてくれます。ふきのとうは苦味がありながら独特な香りがまさに春の味覚となっています。

そんな麩機能を天ぷらや味噌和えで食べる方は多くいらっしゃいますが、実は栄養が豊富となっている事をご存知でしょうか?

でも栄養が豊富なふきのとうは食べ過ぎには注意が必要となっているのです。そんな食べ過ぎに注意しなければならない栄養豊富なふきのとうをご紹介します。

▶ ふきのとうとふきの違いはズバリこうだった!

スポンサードリンク

ふきのとうの栄養成分は?

調べる女性

ふきのとうにはカリウムが豊富に含まれています。

多くの女性が浮腫みを悩みとされていらっしゃいますが、これは体内中の塩分量が多い事で浮腫みろなってしまいます。カリウムには塩分を体外へ排出させる効果があり、浮腫み解消に繋がります。

さらにβカロテンが豊富となっています。βカロテンは体内に摂取されるとビタミンAに変わります。ビタミンAは新しい細胞を作り出したり修正機能に効果的となっています。

新しい細胞が作られ、古い細胞が剥がされる事で老廃物や汚れが蓄積された皮膚が剥がされ、常に新しい肌を維持する事が出来美肌効果が期待出来ます。

またふきのとうは葉酸を多く含んだ食材ともなっています。葉酸は細胞の形成に欠かせない成分となっています。

特に妊婦の方が摂取する事で胎児の細胞が正常に形成されるとともに先天性障害の発症リスク軽減にも繋がるのです。

ふきのとうを食べると期待できる効能とは?

ポイント

ふきのとうを食べた時に苦味を感じた事があるかたは多いと思われます。この苦味の正体はケンフェロールという成分であり、ポリフェノールの一種となっています。

ケンフェロールには免疫力をアップさせる久賀があり、癌予防にも大きな効果が期待出来るのです。

さらにフキノール酸というポリフェノールも含まれています。このフキノール酸にはヒスタミンを低下させる効果があり花粉症当に効果的となっています。

スポンサードリンク

ふきのとうを食べ過ぎたらいけない理由とは

お腹を気にする女性の画像

あらゆる成分が含まれており「いっぱい食べたい」という方も多くいらっしゃると思われます。しかしふきのうとうは食べ過ぎには注意が必要なのです。

それはアルカロイドという中毒症状を引き起こしてしまう成分が含まれているのです。

この成分を多量摂取してしまうと下痢当の症状が起こってしまいます。少量であれば肝機能の働きをアップする効果がありますが、多量摂取には注意が必要です。

まとめ

春になるとあちらこちらに自生しているふきのとうには多くの栄養が豊富に含まれているのです。

美容効果だけでなく健康面に対しても大きな効能が期待出来る成分がたっぷりとなっている事を知らずに食べている方も多くいらっしゃいます。

しかし多量摂取は中毒症状に繋がってしまうので、注意が必要となってくるのです。

▶ ふきのとうのあくは有害な成分が含まれている!アク抜きの方法は?

スポンサードリンク