Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

ふきのとうの苦味が嫌い!子供はあまり好きではない山菜。美味しい食べ方は?

寒い冬が終わりを告げ春の訪れが始まると地中からは春ならではの味覚が数多く登場してきます。その中には緑色の鮮やかな色合いが美しいふきのとうもあります。

ふきのとうは春の味覚の一つともなっており、全国各地で食されています。食べると春の香りが口いっぱいに広がりますが、苦味が感じられる事で苦手な方も多いと思われます。

特に子供にとっては好き好んで食べる食材ではありませんよね。そんな苦味が苦手な子供でも美味しく食べれちゃうふきのとうについてご紹介します。

▶ ふきのとうには栄養が豊富!でも食べすぎると良くないって本当?

スポンサードリンク

ふきのとうの苦味の原因は?

ポイント女性

ふきのとうの独特な香りが堪らない食材となっていますが、気になってしまうのがやはり苦味ですよね。ふきのとうの苦味の正体は実はポリフェノールなのです。

ふきのとうには「フキノール酸」「ケンフェロール」「アルカロイド」というポリフェーノールが含まれているのです。

フキノール酸は咳止めや花粉症予防にも効果的とされ、近年ではサプリメント等でも注目されている成分です。

ケンフェロールは免疫力アップに大きな効果が期待出来る成分となっています。免疫力アップによって癌細胞に対しても効果が期待出来、癌予防にも効果的となっています。

アルカロイドは多くのほろ苦さが感じられる味覚に含まれる成分となっています。

アルカロイドには腎臓のろ過機能を高めて体内の毒素や老廃物を排出する効果があり、女性にとっては嬉しいデトックス効果を発揮します。

また肝機能の働きを高める効果に優れています。

その為、体内器官に大きな効能のある成分となっていますが、多量摂取は下痢の鯨飲ともなってしまう事で注意が必要となります。

スポンサードリンク

ふきのとうはあの苦味が好きな人が多いが子供は苦手だったりする

悩む子供の画像

ふきのとうの香り、そしてほろ苦さがクセになるという方は多くいらっしゃいますが、子供の多くがやはり苦味が苦手とされています。

でもこれってふきのとうに限った事ではありませんよね。

子供が苦手とする野菜の代表ともいえるピーマン。やはり苦味が苦手とされますよね。でも大人になると好きになったり自然と食べられるようになったりしてますよね。

これは大人になるに連れ、さまざまな物を摂取し味覚もあらゆる味に対応出来るようになる事で苦味も苦手に感じない様に発達してくるのです。

子供でも喜んで食べられるふきのとうのおすすめの調理法は?

悩む主婦

苦味が苦手なふきのとうを子供でも美味しく食べる調理法もあるのです。まずは定番の天ぷらです。

しっかりと下茹でを行う事で苦味が軽減され、苦味が苦手な子供でも食べる事が出来ます。

また子供が好きなシーチキンとマヨネーズをたっぷりと使用したふきのとうのサラダにする事で苦味を気に掛ける事なく香りだけを堪能出来ます。

まとめ

ふきのとうは苦味がある事で苦手としてしまう方もおりますが、苦味の正体はポリフェノールとなっているのです。

その為、育ち盛りの子供にも食べて欲しい食材となっているので、苦味を感じさせない調理法を見つける事も楽しみの一つとなりますね。

▶ ふきのとうのあくは有害な成分が含まれている!アク抜きの方法は?

スポンサードリンク