Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

大きい牡蠣ほど美味しいというのは嘘?本当の牡蠣の美味しさとは?

牡蠣

日本海に囲まれた国となっている事で、多くの海産物が豊富となっており、海産物が好きな方は多くいらっしゃいます。

アワビや伊勢海老、ホタテと広大な海に育まれた絶品改案物が日本中で多く獲る事が出来ています。

その中でも忘れてはいけない存在となっているのが「牡蠣」。牡蠣が美味しい産地は宮城や広島と日本中に溢れています。

そんな牡蠣も大きさによって「美味しさが違うの?」なんて疑問を感じてしまう方も多くらっしゃいます。

そんな牡蠣の大きさと美味しさについてご紹介していきます。

▶ 生食用の牡蠣と加熱用の牡蠣ってどんな違いがあるの?

スポンサードリンク

大きい牡蠣ほど美味しいと思われている風潮は正しいの?

牡蠣

多くの方は大きい牡蠣を観ると「大きい牡蠣は旨味がタップリ」と感じてしまいます。

勿論、海中のプランクトンをいっぱい食べ、スクスクと育った大きい牡蠣は絶品です。主に広島で漁獲される牡蠣が大ぶりとされています。

広島では広大な瀬戸内海によって栄養がタップリ存在している事で、大きい牡蠣へと育ちます。
そんな大きい牡蠣は身はふっくらとしながらも、味はあっさりテイスト。その為、鍋等にピッタリな牡蠣です。

しかし大きい牡蠣は食べ応え抜群なので、「牡蠣を存分に堪能出来た感」が満載でやっぱり美味しいのです。

そんな牡蠣を存分に堪能出来る事で、大きい牡蠣が美味しいと思う方が多くいらっしゃるのです。

大きい牡蠣よりも小さい牡蠣の方が美味しいという人の意見は?

考える女性

大きい牡蠣に比べて小さい牡蠣は「あまり育ってない」と思ってしまう方も多くいらっしゃいます。

確かに大きさを比較すると小さい事でまだ生育途中であまり美味しくないと思ってしまいます。しかし宮城県の様にリアス式海岸で育てられた牡蠣は小さいサイズが主流となっています。

リアス式海岸は山々に囲まれており、雨水が海へと流れ出す事で「雨水と海水」によって育てられる事で小さいサイズの牡蠣が育てられます。

しかし小さいながら牡蠣本来の濃厚なクリーミーさが凝縮しており、一口頬張ると牡蠣の甘みと旨味を堪能する事が出来るのです。

その為、小さい牡蠣ながら生で味わうと至福のひと時を味わえるのです。小さいほうが美味しいという方も多くいらっしゃるのです。

▶ 広島の牡蠣と宮城の牡蠣の違い!どっちが美味しいの?

スポンサードリンク

外国では大きい牡蠣よりも小さい牡蠣の方が好まれるって本当?

ポイント女性

日本だけでなくアメリカや中国、ヨーロッパ等でも牡蠣は好まれる食材となっています。特にフランスにおいては牡蠣はクリスマスの御馳走となる程、重宝された食材です。

元々フランスでは大きい牡蠣が食されていましたが、1970年頃に絶滅の危機に晒されてしまい、その時宮城県の小ぶりのサイズである「真牡蠣」が種として使用された事で、大きい牡蠣から小さい牡蠣を食べるのが一般的となりました。

そんな事もあり、大きい牡蠣よりも小さい牡蠣が好まれるようになりました。

また生で食べる文化は日本だけでなく、諸外国でも多くある事で、牡蠣本来の美味しいがギュッと詰まった小さい牡蠣が好まれています。

あとがき

日本では生は勿論、フライや鍋とあらゆる調理法で親しまれている牡蠣にも大きさがあり、それぞれで異なる美味しさがあるなんて考えずに食べている方がほとんどかと思われます。

しかし牡蠣は大きさによって調理法を変えると、より牡蠣の旨味や風味を味わう事にも繋がります。

「大きいから美味しい」や「小さいから美味しいく無い」のではく、それぞれの大きさで牡蠣はあらゆる美味しさを味わう事が出来る食材となっているのです。

▶ 生食用の牡蠣と加熱用の牡蠣ってどんな違いがあるの?
▶ 牡蠣の旬ってどうやって決まるの?地域によって旬の時期は違うの?

スポンサードリンク