Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

キャベツとレタスの栄養面での違い、簡単な見分け方とは?

キャベツの画像

皆さんはキャベツとレタスの違いをご存知でしょうか。もしかして同じ物と考えている方もいらっしゃらないでしょうか。

この2つの葉野菜は別物で、含まれる栄養素等にも違いがあります。そこでキャベツとレタスの違いについて調べて見ましょう。

▶ キャベツの旬は品種によって違う!冬ならどの種類がよい?

スポンサードリンク

キャベツとレタスを栄養面で比較してみる

ポイント女性

キャベツとレタスですが、見た目が似ておりますが、栄養価ではいくつかの点で差がある事が判っております。

先ず野菜と言えばビタミン群の含有量ですが、ビタミンAを多く含むのはレタス、ビタミンCを多く含むのはキャベツである事が判ります。

レタスに含まれるビタミンAの含有量は100mg当たり240μgとごく少量ですが、キャベツの含有量は同じ100mgで5μgと更に少量です。

逆にビタミンCはキャベツ100mg中36.6mg、一方のレタスは9.2mgとこちらはキャベツの方が多く含んでおります。ビタミン群で言えば両者とも含有量には一長一短があると考えられます。

一方、野菜と言えば食物繊維ですが、こちらは100gのキャベツには2.5g、レタスの場合には1.3gとキャベツの方が食物繊維を多く含んでおります。

それ以外の栄養素としては、ナトリウムやカリウム等を含んでおりますが、含有量には大差が無い事が判っております。

スポンサードリンク

キャベツとレタス、どっちがカロリーが高いの?

考える女性

キャベツとレタスは同じ葉物野菜ですが、野菜としてのカロリーはどちらが高いのでしょう。

キャベツとレタスを同じ100mgで比較した場合、キャベツは24kcalに対し、レタスは12kcalとキャベツの方がカロリーが高い事が判ります。

その為、サラダ等で多くの量を食べたい場合にはレタスの方がヘルシーである事が判ります。

またキャベツとレタスの場合にはその調理の方法にも違いがあり、キャベツの場合には、生でサラダ感覚で食べるよりも、炒め物等にする場合も多く、その結果として食事のカロリーはレタスに比べより高い物になってしまうと考えます。

▶ 千切りキャベツに合うドレッシングは?マヨネーズやソースもあり?

キャベツとレタスが見分けられない!どこを見るとわかりやすい?

レタスの画像

見た目が似ているキャベツとレタスですが、落ち着いて見ればその違いははっきりしておりますが、それでも間違えてしまう人も結構多くいらっしゃいます。

そこでキャベツとレタスの見分け方について調べて見ましょう。先ず見た目ですが、キャベツは葉が厚く、その色は緑色から黄緑色です。

一方のレタスですが葉は薄く、緑色の色がキャベツより濃くなっております。次に持って見た場合の重量感は、圧倒的にキャベツが重くずっしりとしているのに対し、レタスは軽くその葉は軽くちぎれてしまう感じを受けます。

更にキャベツとレタスを見分けるのには、茎の切り口を確認して見ましょう。キャベツの切り口は少し時間が経ってもその切り口の色が白やクリーム色で余り変化しません。

一方のレタスはその切り口が赤っぽく変色してきますので判別する事ができます。

キャベツやレタスなどの葉野菜の調理法は注意が必要!

キャベツもレタスも葉野菜として含まれる栄養素に違いがありますが、その栄養素を逃がさないような調理方法や食べ方を理解しておく事が大切です。

特に双方に多く含まれているビタミン群は、水や熱には弱くすぐに溶けだしてしまったり洗い流されてしまいますので、可能な限り生のままのサラダ等で食べるのが最も効果的です。

▶ キャベツは加熱すると栄養を失う?生で食べる方がいいというのは本当?

あとがき

キャベツとレタスを間違えてしまう人や、その違いが判らない人は結構多くおります。

その違いを正しく理解し、キャベツやレタスに適した調理方法と食べ方を知っておく事が大切です。

▶ キャベツの保存方法!日持ちするのは冷凍と冷蔵どっち?

スポンサードリンク