Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

キャベツの食べ過ぎに注意?便秘に良いけど腹痛やおならの原因に!

キャベツの画像

キャベツを食べると、ダイエットや便通にも効果があるからついつい食べ過ぎてしまいます。しかしどの食材にも、食べ過ぎてしまいますと困ってしまうことも出てきてしまいます。

今回はキャベツを食べすぎるとどういう弊害があるかについてまとめてみました。

▶ キャベツが変色して黒い!原因と対処法を考える

スポンサードリンク

キャベツは便通に効果があると言われている理由とは?

お腹を気にする女性の画像

キャベツには食物繊維が豊富に含まれており、食べることによって体内に吸収され、蓄積された老廃物を排出してくれる効果があることから、便秘がちなほど少し多く食べた方が良いと勧められます。

またキャベツは食物繊維の他にビタミンCが含まれており、不規則な食生活や偏食などで胃が痛んでいますと、修復する働きがありますし、新陳代謝を良くする効果もあることから、食生活が原因での便秘でしたら尚更食べることが好ましいです。

キャベツに含まれている食物繊維の成分をより効果的に吸収したい場合には、熱を加えるよりも生で食べる方が良いです。

サラダにしてそのまま食べることによって、より便秘解消の効果を得られることができます。

キャベツを食べるとダイエット効果があるというのは本当?

体重計

キャベツダイエットと単品ダイエットにも使われていることから、ダイエット中でも効果的な食材と思われます。

キャベツは豊富な食物繊維が含まれていてカロリーが低いだけではなく、生で食べることによって咀嚼する回数を増やすことができることから、満腹中枢が刺激されることによって、1回の食事量を減らすこともできます。

また食べる時間帯や食べる順番を上手にコントロールできれば、単品ダイエットではなく通常の食事も食べることができますし、ビタミンも含まれていますので運動を取り入れれば代謝アップもできることから、健康的に痩せることもできます。

もちろん栄養管理と適度な運動をすることも必要ですが、できるだけ生で食べて必ずよく咀嚼をするということを守れば、他の単品ダイエットと比べてダイエットに成功する確率が上がります。

スポンサードリンク

キャベツを食べ過ぎると下痢や腹痛の原因になる?

食べ過ぎた男性の画像

キャベツを食べますと便秘が解消したり、ダイエット効果としても期待することができます。

しかし食べすぎますと体質によっては、お腹にガスが溜まりすぎて腹痛を起こしてしまったり、食物繊維を多く摂取したことでお腹が緩くなって下痢を引き起こしてしまうということもあるのです。

もちろん1日に必要な栄養素を摂取しないと体に影響が出ることもありますので、通常の分量のキャベツの摂取量を食べる分には体に悪い影響を与えることはありません。

しかし過剰に摂取してしまいますと、その分だけ食物繊維を多く摂取したことになり腸が刺激することから、お通じが緩くなることもあります。

またキャベツは水分と油を吸収する働きもあることから、水分不足が原因の便秘を解消することができても、もともと便秘がちではなかった人が多くキャベツを摂取しますと、通常よりも多く水分を摂取したことになりますので、逆にお腹の調子が悪くなることもなることから過剰摂取は控えましょう。

キャベツを食べすぎるとガスが溜まりおならが出やすくなるって本当?

臭い

キャベツを食べすぎてしまったらおならが臭くなってしまったり、ガスが溜まってお腹が張ってきたということがあります。

キャベツにはイソチオシアネートという成分が含まれており、それが体内に吸収されて腸に届くとガスが溜まり、おならと一緒に臭いを発生させることから、体質によってはキャベツの食べすぎないようにしましょう。

キャベツの他にも大根、ブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の野菜を食べすぎても、同じようにおならが出やすくことから、キャベツを多く食べる場合には他の食材にも注意しておきましょう。

あとがき

便通やダイエット効果が高いですが、体質によっては食べすぎたことによっておならが出てしまったり、腹痛や下痢に悩まされることもあります。

美味しいけど食べすぎは良くないので、くれぐれも過剰摂取は控えておきましょう。

▶ キャベツの臭い匂いを効果的に消す方法とは?

スポンサードリンク