Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

塩入り麦茶は熱中症予防になり夏のスポーツに最適な飲料って本当?


麦茶

夏の暑い時期は何もしなくてもジワジワと汗が出てきてしまいます。

そんな夏の火のスポーツって汗が吹き出してしまい、スポーツドリンクをついついがぶ飲みしてしまいますよね。でも塩入麦茶もスポーツを行っている方にピッタリなドリンクとなるのです。

そんな塩入麦茶の魅力をご紹介致します。

▶ 麦茶の賞味期限は?水出しと煮出しどっちが日持ちする?

スポンサードリンク

麦茶に塩を入れることによる効果は?

ポイント女性

麦茶に塩を入れるなんておかしいと思う方はかなり多くいらっしゃいます。「麦茶だけではダメなの?」とも感じてしまいますよね。

でも塩入麦茶には素晴らしい効果があります。

まず夏は特に汗をかきやすい時期ともなっています。発汗によって体内中のミネラル分が不足してしまいます。その為、ミネラル分が豊富な麦茶がピッタリと言えるのです。

さらに発汗によって体内中の塩分も失われてしまいます。この塩分濃度の低下が熱中症の原因ともなってしまいます。

そこで麦茶に適量の塩を入れる事で塩分摂取となり、熱中症対策に繋がるのです。塩入り麦茶はミネラル分と塩分を同時に摂取出来るとして、熱中症対策ドリンクに変身するのです。

そこで「スポーツで大量の汗をかく方にもピッタリなの?」と思ってしまいますよね。

勿論、スポーツを行っている方は大量の汗で多くのミネラル分と塩分が排出されてしまうので、おススメのドリンクとなります。

スポンサードリンク

麦茶に塩とスポーツドリンクはどっちがいいの?

考える女性

塩入り麦茶は熱中症対策やスポーツを行う方にピッタリとなっておりますが、スポーツドリンクとどちらがいいのか?と疑問を持ってしまいます。

スポーツドリンクは体内吸収されてからそれ程多くの時間を必要とせず成分が吸収される為、スポーツを行っている方にはピッタリなドリンクです。

しかしスポーツドリンクには多くの糖分が含まれている事で、虫歯の原因に繋がってしまいます。スポーツを行っている方はスポーツドリンクと塩入麦茶を併用して飲むと良いと思われます。

虫歯が気になる方はスポーツドリンクは適量にして塩入り麦茶を飲む事が良いですね。

塩入り麦茶の簡単な作り方とは?

お団子ヘアー

塩入り麦茶は当分を気に掛けずに飲む事が出来るドリンクとして夏場にピッタリですよね。そんな塩入り麦茶の簡単な作り方をご紹介します。

※水1Lに対して塩が1g(親指と人差し指で軽くつまむ程度)
※水が沸騰したら塩を入れ、よく溶かす
※塩が溶けたら火を止め麦茶パックを入れ、荒熱を逃がし冷やすと完成

この塩の量は熱中症対策に効果的とされる塩分濃度0.1%となっています。その為、塩入り麦茶は熱中症対策として効果的となっている事で、お子さんに持たせるママさんも多いですよね。

でも子供の中には塩入り麦茶のしょっぱさがイヤだなんて事も多々あります。塩の入れる量を少なくすると、それ程しょっぱさが感じられないので、各家庭で塩の量を調節しても良いですね。

全く塩が入っていないのと僅かに含まれているのでは、熱中症対策として大きな差が生じますので、出来れば塩を入れて作りたいところです。

あとがき

塩入り麦茶はミネラル分と塩分を効率良く摂取出来るドリンクとして、汗をかきやすい夏場やスポーツを行っている方にピッタリです。

塩入り麦茶は簡単に作る事が出来ますので、塩の量を調整し、是非お子さんに持たせてあげたいドリンクですね。

▶ 麦茶に砂糖を入れる地域があるって本当?昔は入れていたという話も
▶ 麦茶のカテキン含有量はどのくらいなの?
▶ 麦茶は飲み過ぎると貧血や下痢になるって本当?
▶ 麦茶は虫歯の予防になるって本当?それとも悪影響?

スポンサードリンク