Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

麦茶のカテキン含有量はどのくらいなの?


麦茶

夏の飲み物の定番とも言える麦茶。冷えた麦茶を飲むと汗も止まり体中から爽快感を感じる事が出来ますね。

そんな麦茶もお茶となっている事で「カテキン含有量」が気に掛かりますよね。麦茶に含まれているカテキンの含有量についてご紹介致します。

▶ 麦茶は飲み過ぎると貧血や下痢になるって本当?

スポンサードリンク

カテキンってどういう効果があってどういう弊害があるの?

1を示す手

「カテキン」という言葉を聞くと「お茶」をイメージする事が出来ますが、カテキンって一体なんだろう?と多くの方が感じてしまいますよね。

カテキンは主に緑茶に含まれる成分となっており、タンニンの一種です。

強い抗酸化作用がある事でカテキンを体内に摂取する事で、体内に侵入してきたウィルスを退治する働きがあり、風邪やインフルエンザの予防に効果的です。

さらに内臓脂肪の減少やコレステロール値の抑制、抗がん作用と多くの病気の予防効果が期待出来る優れた成分でもあるのです。

またカテキンには消臭効果もあるのです。カテキンを体内に摂取する事で、匂いの原因となる物質を分解してくれるのです。

その為、口臭が気になる方はカテキンを摂取する事で大きな消臭効果を得る事が出来るのです。このカテキンの消臭効果は消臭剤でも活躍されている程です。

ただ弊害も多くあります。

カテキン自体に問題は無いのですが、カテキンは緑茶で摂取される事が一般的となっており、緑茶にはカフェインも含まれています。

カフェインは胃腸障害や強い不安感、頻尿といった症状に繋がりますし、多量摂取は中毒症状を引き起こしてしまいます。

カフェインの中毒症状には幻覚や呼吸困難、歩行困難、精神錯乱といった症状もあります。緑茶でカテキンを摂取する際には適量を守る事が大切ですね。

スポンサードリンク

麦茶にはカテキンは含まれているの?

悩む主婦

カテキンは健康面や美容面に優れた効果が期待出来る成分ともなっていますし、過剰摂取は健康被害にも繋がってしまいます。

そんなカテキンが麦茶に含まれているのか、気に掛かってしまいますよね。実は麦茶にはカテキンが一切含まれていないのです。

なぜ同じお茶なのに含まれていないのか疑問を感じてしまいますよね。

なんで麦茶にはカテキンが含まれていないの?

考える女性

緑茶や煎茶といったお茶は茶葉から作られているのです。カテキンは茶葉に含まれている成分なのです。

では麦茶は?というと名前の通り麦から作られており、麦茶の原料は大麦となっています。

その為、麦茶はお茶と呼ばれていても、茶葉から作られている他のお茶とは異なり、大麦で抽出されたお茶となっている事でカテキンが全く含まれていないのです。

これまで麦茶にもカテキンが含まれていると思い、麦茶からカテキンを摂取しようとされている方もいらっしゃると思われます。

しかし麦茶にはカテキンは含まてていませんが、緑茶に劣らない優れた成分がたっぷりと含まれているのです。

緑茶にはカテキンだけでなく、カフェインも含まれているので、妊婦さんは控える必要がありますが、麦茶なら妊婦さんも安心して摂取する事が出来ますね。

あとがき

麦茶はカテキンを含まないお茶となっていますが、健康面に優れた成分がたっぷりと含まれています。

大麦が原料となっている事で、カフェインの摂取にもならない麦茶は妊婦さんや子供にもピッタリですね。夏場だけでなく、通年を通して飲んで頂きたいですね。

▶ 麦茶は虫歯の予防になるって本当?それとも悪影響?
▶ はと麦茶と麦茶の違いは?妊婦が飲んでも副作用は大丈夫?
▶ 塩入り麦茶は熱中症予防になり夏のスポーツに最適な飲料って本当?
▶ 麦茶に砂糖を入れる地域があるって本当?昔は入れていたという話も

スポンサードリンク