Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

パプリカの皮はむくべき?簡単な剥き方とは?


パプリカ

色鮮やかさが特徴的なパプリカ。カラフルさからサラダや肉詰めといった料理で人気が高い野菜ですよね。

そんなパプリカを食べる際には皮を剥かれているでしょうか。

ほとんどの方は剥かないで食べていると思われますが、皮を剥く方もいらっしゃいます。そんなパプリカの皮についてご紹介致します。

▶ パプリカの保存方法は冷凍させてもいい?日持ちさせるコツは?

スポンサードリンク

パプリカの皮はむく方がいい理由とは?

ポイント女性

パプリカを調理する際に皮を剥く方もいらっしゃいますよね。パプリカの表面には薄っすらとした膜のような皮が付いています。

まず剥いた方が良い理由の一つとしては下処理がし難い事です。薄い膜がある事で包丁でキレイにカット出来ない場合があります。

また皮を残して調理すると口の中に皮が残ってしまい、食感が損なわれる事があります。また農薬が残っている事を懸念される方もおり、皮を剥いた方が良いと思われます。

パプリカの皮はそのまま食べたほうがいい理由とは?

ポイント女性

「パプリカの皮を剥かない」という方も多くいらっしゃいます。まず皮を剥くのが大変な作業となる事です。

パプリカの皮は大根や人参とは異なり、剥き難さがあります。包丁で剥こうと思ってもなかなか剥く事が出来ませんよね。その為、皮は剥かないで食べる方が多くいらっしゃいます。

また根本的に皮に栄養がたっぷりと含まれている事で剥かないという方もいらっしゃいます。野菜や果物のほとんどが皮や皮と果肉の間にあらゆる栄養素が含まれています。

その為、リンゴを始め皮ごと食べられる方もたくさんいらっしゃいます。パプリカも皮に多くの栄養が含まれている事で、皮ごと食べる方がいらっしゃいます。

私はむかないで食べる派です

考える女性

私はパプリカを食べる際には皮を剥かないで食べます。まず皮を剥かなくても、皮が気になる事がありません。また野菜や果物の皮は栄養がとても豊富となっています。

特に女性の多くが美容面の維持に努めていらっしゃると思われますが、皮は美容効果に優れた栄養がたっぷりと含まれています。その為、皮を剥かないで食べています。

皮をむく場合簡単にむく方法ってあるの?

パプリカ
「パプリカの皮を剥きたい」と感じている方にとっては剥く作業がとても大変になってしまいますよね。でもパプリカの皮を簡単に剥く方法があります。

まずパプリカに菜箸や長めの竹串を指し、ガスコンロで表面を炙るのです。そうすると皮がペロッと剥けてきます。

またオーブンに丸ごと1個入れ加熱する事でも皮を剥く事が出来ます。ガスコンロでの直火が怖いという方やオーブンが無い方はフライパンで軽く表面を炒めるという方法もあります。

あとがき

皮を剥く方と剥かない方で意見が二分してしまうパプリカ。

皮は剥いても剥かなくても美味しく味わう事が出来るので、自身の好みに合った食べ方で良いと思われます。

▶ 韓国産のパプリカは安全?残留農薬の他にも危険な理由とは?
▶ 色の違いによってパプリカって味や栄養価が変わるのか調べてみた!
▶ パプリカとピーマンって同じ野菜?違いはあるの?
▶ パプリカに含まれている栄養とは?食べ過ぎると太ったり体に悪影響が?

スポンサードリンク