Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

ピーマンの種が黒い(茶色い!)これって食べても大丈夫?

ピーマン

ピーマンは子供が嫌いな野菜となっていますが、栄養がたっぷりと含まれている事で肉詰めや天ぷら、フライといった多くの調理法で食べられています。

そんなピーマンの種も栄養がたっぷりとなっている事で、種も食べている方は多いですよね。しかしピーマンを切ってみたら白い種ではなく、黒い種だったなんて経験はありませんか。

黒いピーマンの種は食べても問題ないのかについてご紹介致します。

▶ 青唐辛子とししとうとピーマンの違いと見分け方は?

スポンサードリンク

ピーマンの種が変色(黒い・茶色)になっている理由とは?

調べる女性

一般的にピーマンのためは白ですよね。でも稀に種が黒くなっている事があります。これを見た瞬間「腐っている?」と思いすすている方もいらっしゃいますよね。

しかしピーマンの種が黒くなっているのには多くの理由があります。

まずは収獲時期の違いによる事があります。収獲する時期によって種は白かったり黒くなったりする事があるのです。

また生育状況も大きく関係してきます。高温だったり、寒冷地だったり土壌の性質によるもも等あらゆる要素によって種が黒くなってしまうのです。

さらに収穫から時間が経過している場合もあります。これは傷みが生じてきているサインともなるので、早めに食べる必要があります。

スポンサードリンク

種が変色しているピーマンは食べても大丈夫なの?

考える女性

種が黒くなっている理由はたんに古くなっている事もあれば、収獲時期や生育環境も関係しているのです。その為、黒くなっている種であっても、腐っていない限り食べても問題ありません。

しかし黒くなっている事で気持ち悪さや「腐っているのでは?」と感じる場合は避けたほうがよいかも知れません。

食べてはだめな状態のピーマンはどんな感じ?

NGする男性

ピーマンの種が黒い事はさまざまな要因にて起こり得ます。しかし腐っている事でも黒くなる事があります。その為、食べてはいけない状態のピーマンの見分け方が重要ですよね。

まずは実にハリがある事です。ピーマンは痛んでくると実のハリが失われ、シワシワとなっています。この状態のピーマンは痛みがカナリ生じている事となるので、避けたほうがよいです。

またヘタから汁が出ていると腐っている証拠となります。ヘタの上部や下部から汁が滲み出て散ると、腐りかけの状態となっているので、食べる事が出来ません。

またピーマン自体が変色しているものも避ける事大切です。ピーマンにはカラーピーマンがあり、茶色や黒色といった色合いもあります。しかしこれらはこの色合いになるように改良された品種です。

緑色のピーマンが茶色くなったり黒くなっている場合は腐っている事となります。カラーピーマンと間違えて食べない様に注意が必要です。

また種が白くても中にカビが生えていたら食べてはいけない状態となっています。

あとがき

ピーマンの種が黒くなっている理由は腐っているだけでなく、あらゆることが要因となっており、食べる事が出来る状態もあります。

しかし腐っている事で、黒くなっている場合もあり、ピーマンの果実で判断されるのが適切かと思われます。

▶ ピーマンという名前の由来はフランス語からって本当?
▶ ピーマンの花が咲かない!ピーマンの花がすぐ落ちる!対処法は?
▶ ピーマンの種やわたには栄養が豊富で食べられる?それとも毒?

スポンサードリンク