Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

青唐辛子とししとうとピーマンの違いと見分け方は?


ピーマン

毎日の食卓にはさまざまな食材が使用された料理が揃いますよね。緑色の色合いがキレイな野菜って料理をカラフルにしてくれる存在として見た目でも楽しむ事が出来ます。

そんな緑色の食材と言えば青唐辛子やししとう、ピーマンがありますが、これらの違いってご存知でしょうか。青唐辛子とししとう、ピーマンの違いについてご紹介致します。

▶ 青唐辛子と赤唐辛子の違いとは?鷹の爪についても解説!

スポンサードリンク

青唐辛子とは

青唐辛子

青唐辛子はあらゆる青唐辛子の総称となっており、万願寺とうがらしや伏見甘とうがらし、ししとうが青唐辛子と呼ばれています。

唐辛子と言えば真っ赤な色合いがイメージされてしまいますが、青唐辛子は赤トウガラシが完熟される前に収獲された唐辛子です。青唐辛子には辛い唐辛子と辛くない唐辛子の2種類があります。

万願寺とうがらしや伏見甘とうがらしは辛い唐辛子となっていますが、ししとうは辛くない唐辛子なのです。

しかし、これらの外観はそっくりで見分ける事がほとんど出来ません。その為、同じ畑で栽培してしまうと解らなくなってしまいます。購入時もどの青唐辛子なのか確認する事がとても重要となります。

唐辛子は加熱すると、より辛さが増すと思われますが、加熱する事によって甘味が増してきますが、辛みが緩和されてきます。

ししとうとは

ししとう

ししとうはナス科トウガラシ属の果実となっており、青唐辛子の一種となっています。青唐辛子は辛味が強い食材ともなっていますが、ししとうは辛みが無い唐辛子で加熱すると甘みが増してきます。

しかし辛みの無いししとうと強い辛みのある青唐辛子は見分けがつきません。その為、購入にはしっかりと表記を確認する事が重要となります。

青唐辛子は香辛料として使用される事が多い食材ですが、ししとうは炒め物や揚げ物のメインとして広く使用される食材となっています。

ピーマンとは

ピーマン

ピーマンはナス科トウガラシ属の果実で、ししとうと同じ唐辛子の仲間となっています。唐辛子と言えば辛さが特徴的ですが、ピーマンは辛み成分であるカプサイシンがほとんど含まれていない食材となっています。

その為、唐辛子の仲間であっても辛みよりも苦味や渋みを感じる事が出来るのです。ピーマンの苦味の原因は「クエルシトリン」でポリフェーノールの一種となっています。

この苦味がある事で、子供が嫌ってしまう要因となりますが、この苦味成分の無いピーマンも流通されており、ピーマン嫌いを克服出来た子供が多くいらっしゃるのです。

3つの違いを簡単に説明するとこうなります

3を指す女性

青唐辛子はナス科トウガラシ属である植物の総称となっており、ししとうは辛み成分の無い青唐辛子となっています。ピーマンも青唐辛子の仲間でししとうと同じように絡み成分が無く、苦味や渋みが感じられる食材となっています。

他にも青なんばん(青南蛮)ってあるけれど何?

「青南蛮」という言葉を聞いた事がある方は多いと思われます。青南蛮は青唐辛子と同じ物です。

青唐辛子を熟成させた物が青南蛮となっており、スーパー等で観かける事が出来ます。

あとがき

ししとうもピーマンも青唐辛子の仲間となっており、辛み成分がほとんど含まれていない唐辛子となっています。ピーマンは個体が大きい事で判別し易いですが、ししとうと辛み成分のある唐辛子はなかなか判別する事が出来ません。

購入時にしっかりと確認しなければ、強烈な辛さに驚いてしまうかもしれませんね。

▶ ピーマンという名前の由来はフランス語からって本当?
▶ ピーマンの花が咲かない!ピーマンの花がすぐ落ちる!対処法は?
▶ ピーマンの種が黒い(茶色い!)これって食べても大丈夫?
▶ ピーマンの種やわたには栄養が豊富で食べられる?それとも毒?

スポンサードリンク