Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

さつまいもの栄養価とカロリーは?ダイエットに向いている?

さつまいもの画像

「さつまいもの栄養と効能が知りたい」

秋になると旬になるさつまいもですが、焼き芋として食べるととても甘くてホクホクしていてつい食べ過ぎてしまいます。

さつまいもといえば完全食(完全栄養食品)と言われているほど健康を維持するのに必要な栄養素を含んでいる食べ物です。

戦時中はお米が食べられなかったのでさつまいもを食べて飢えを凌いでいた話は有名ですよね?

今回はそんなさつまいもの栄養成分や体にどんな効能をもたらしてくれるのか?そして気になるカロリーについて記事にしたいと思います。

▶ さつまいもの品種一覧!甘くて美味しい種類を探せ!

スポンサードリンク

 

さつまいもの栄養成分は?

悩む女性

さつまいもの可食部100gあたりの栄養成分
  • エネルギー:132kcal
  • 水分:66.1g
  • タンパク質:1.2g
  • 脂質:0.2g
  • 炭水化物:31.5g
  • 食物繊維:2g
  • カロテン:23μg
  • ビタミンC:29mg
  • ビタミンE:1.6mg
  • ビタミンB1:0.11mg
  • ビタミンB2:0.03mg
  • ビタミンB6:0.28mg
  • ナイアシン:0.8mg
  • 葉酸:49μg
  • パントテン酸:0.96mg
  • ナトリウム:4mg
  • カリウム:470mg
  • カルシウム:40mg
  • マグネシウム:25mg
  • リン:46mg
  • 鉄:0.7mg

さつまいもの栄養成分をまとめてみました。完全食というだけあってなかなか高い栄養価だと思います。

見た感じはビタミンCとビタミンEとカリウムが多く含まれている食べ物だということが良くわかります。しかし栄養素を見てもどういう効果や効能があるかは分かりづらいですよね?次項以降にさつまいもを食べるとどんな効能に期待できるかまとめてみました。

さつまいもを食べて期待できる効能とは?

考える女性

腸内環境を整えてくれる栄養成分が豊富

腸内環境を整えてくれる栄養成分と言えば食物繊維。日本人は食物繊維不足しがちとよく言われていますが、さつまいもを食べることで補給できますね。

さつまいもに含まれている食物繊維はセルロースという不溶性食物繊維と呼ばれています。

セルロースは腸の蠕動運動を促してくれて便通を促進してくれて便秘を解消してくれる効果があります。さらに大腸がんの予防にも効くという優れものです。

そしてさつまいもにしか入っていない成分『ヤラピン』は便を緩くしてくれる効果があります。便秘の人は便が硬くなりがちだと思いますがそういう人に対して、セルロースとヤラピンの効果で便秘解消に効果が期待できますね。

ビタミンCとビタミンEによる美容効果が高い!

さつまいもはイモ類の中では特にビタミンCを多く含んでいる食物です。

ビタミンCは人間の体にどういう効能をもたらすかというと、抗酸化作用があり、皮膚や血管の老化を防いだりニキビ予防や顔のブツブツを解消してくれる効果があります。

日本人はビタミンC不足になりがちなので、そのせいで肌荒れや口内炎などを引き起こしてしまう人が多いですが、さつまいもを食べることでビタミンC不足をある程度解消できると思います。

野菜にもビタミンCは多く入っているのですが、ビタミンCって熱に弱くて実際補給できないことも多いですが、イモ類はでんぷんが膜をはってビタミンCを保護してくれるために加熱してもビタミンCが壊れにくいという長所があります。

そしてビタミンEですね。野菜類でも特にさつまいもがビタミンEを多く含んでいる食物ですが、老化現象の原因である過酸化脂質を体内で発生するのを抑制してくれる働きがあります。細胞の老化をある程度防いでくれるためにいつまでもみずみずしい肌を保ってくれるのに必要な栄養分だったりします。

さつまいものビタミンCとビタミンEのダブル美容効果によっていつまでも美しい肌を保ってくれる手助けをしてくれるでしょう。

高血圧の原因であるナトリウムを体外に放出してくれるカリウムが豊富!

日本人は塩分過多の食事をしがちです。塩分を多く摂り過ぎると血圧が高くなったり、体がむくんだりしてしまいますが、そんなナトリウムを体外に放出してくれるのがカリウムだったりします。

イモ類には結構多く含まれているカリウムですが、さつまいもにも勿論多く含まれているため、高血圧に悩んでいる方は是非食べてみてはどうでしょうか?

さつまいもにはビタミンB群が太りにくい体づくりに効果あり?

さつまいもはビタミンB群を多く含む食物です。

ビタミンB群は、三大栄養素からエネルギーを効率よく作り出す補助をする働きがあります。代謝がよくなるので太りにくくてダイエットにも効果があると言われています。

そしてビタミンB1は『若返りのビタミン』と呼ばれていて、老化の原因となる過酸化脂質を体内で生成されるのを抑制してくれます。ビタミンEとビタミンB1を摂ることで老化予防に一役買ってくれるというわけです。

【関連記事】

▶ さつまいもは皮ごと食べたほうが栄養価が高いのはホント?
▶ さつまいもの栄養はを妊婦さんにはとても良い3つの理由とは?

スポンサードリンク

 

さつまいものカロリーは高い?

体重計

「焼き芋は甘くて美味しいけれど食べ過ぎて太ってしまう。さつまいもは女の敵!」

みたいな感じでよく言われていますよね?さつまいもはどのぐらいのカロリーがあるのでしょうか?

さつまいものカロリーは100gあたり132kcalと言われています。

ちなみにご飯は100gで168kcalだったりしますので、ご飯よりも太りにくい食べ物だったりします。

ちなみにさつまいも一本あたりの重さが平均化と言われると200g-300gだと言われています。一応グラムあたりのカロリーを表にしてみましょう。

さつまいものカロリー
  • 100g:132kcal
  • 150g:198kcal
  • 200g:264kcal
  • 250g:330kcal
  • 300g:396kcal
  • 350g:462kcal
  • 400g:528kcal
  • 450g:594kcal
  • 500g:660kcal

焼き芋2本食べてしまうと500-700kcalになってしまいますので、2本は食べ過ぎなことがわかります。美味しくても焼き芋は1本までにしたほうがいいですね。

ちなみに焼き芋にバターをつけて食べる人がいると思います。美味しいですが、カロリーは増えるので気をつけたほうが良いでしょう。

さつまいもはダイエットには向いていない?

カロリー

食べ過ぎなければさつまいもはダイエットに向いている食べ物です。

さつまいもの甘味は満腹中枢を程よく刺激してくれるので、空腹感を誤魔化せます。そして食べごたえがあるので、少量でもたくさん食べた気分にさせてくれるのはダイエットに適していると思います。

さつまいもの栄養について前述したとおり、美容効果もありますのでダイエットには向いています。

しかしダイエットにさつまいもが適しているとはいえども食べ過ぎたらその分カロリーは増えますし、食べ方にも気をつけましょう。油を使って揚げるとカロリーは跳ね上がるので気をつけましょう。

下のリンクでさつまいもの色んな料理のカロリーの記事をかきましたので気になる方は是非確認してみてください。

▶ さつまいもを使った料理のカロリー一覧は?

スポンサードリンク