Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

そら豆が嫌いな人は意外といる?嫌いな理由とアレルギーについて


そら豆

初夏と言えば多くの食材がありますよね。中でも暑い時期に美味しいビールとの相性バッチリなのがそら豆です。茹でるとホクホク感を楽しめ、空揚げにするとカリッツとした食感がビールをより引き立ててくれますよね。

濃厚な味わいと独特な香りが病みつきになってしまう方もいらっしゃいます。

でも「そら豆が嫌い」という方も多くいらっしゃいますよね。そんなそら豆が嫌いな理由と食べる事で発症してしまうそら豆アレルギーについてご紹介致します。

▶ そら豆の薄皮には栄養素が豊富ですが食べるべき?

スポンサードリンク

そら豆が嫌いな人は何が原因で嫌いなの?

NGする男性

そら豆は濃厚な味わいと香りが魅力とも言える食材です。しかしこの二つが嫌いな理由となってしまう事があります。

まず味わいです。そら豆は「青臭い」ような独特な味わいがあります。好きな方には堪らないのですが、嫌いな方にとっては齧るのも嫌がる方がいらっしゃいます。

そら豆と同じようにグリーンピースもこの独特な味わいがあり、苦手とされる方もいらっしゃいます。

そして香りです。

そら豆の香りを「足の裏の匂い」や「脱衣所の匂い」等さまざまな表現によって表される事が多くあります。このそら豆の匂いの原因は含まれている成分によるものです。

そら豆の独特な匂いは50種類程の匂い成分が含まれている事で、あの香りとなっているのです。好きな方にとっては全く気にならない事なのですが、嫌いな方にとっては強烈に感じられるようです。

▶ そら豆は臭い匂いが原因で苦手な人が多いです。対処法は?

スポンサードリンク

そら豆嫌いな人に食べやすいレシピは?

ポイント女性

そんな味や香りが嫌いな理由となるそら豆を食べやすくする方法があります。

まずは焼く事です。

茹でるよりも焼く事で香り成分の緩和に繋がる為、香りが嫌いな方は焼いて食べる事で、「好き」に変るかもしれません。

次にマヨネーズで和える事です。

マヨネーズで和えるとマヨネーズの味わいが強い事でそら豆の味の緩和に繋がります。

野菜サラダやサラダスパゲッティといったマヨネーズを使用する調理法だと、味を気に掛けずに食べる事が出来ると思われます。

そら豆アレルギーについて

悩む男性

そら豆は栄養が豊富となっており、食べやすい事で気が付けば全部平らげてしまったなんて方もいらっしゃると思われます。

しかし食べ過ぎると「そら豆アレルギー」を発症するリスクもあるのです。そら豆を食べ過ぎた事で発症するそら豆アレルギーなんて聞い事が無い!なんて方も多いハズ。

これは日本においてはほとんど発症するケースが無い事であまり知られていない症状となっています。

このそら豆アレルギーは中央アジアやアフリカといったエリアで発症するケースが多く、特にそら豆を主食とする食文化があるエリアで多く発症するアレルギーとなっています。

そら豆を大量に食べると食べると血球グルタチオン濃度が低下し、血液の溶血性が高くなってしまうのです。これによって発熱や黄疸が現れたり、急性溶血性貧血によって最悪死に至るケースもあるのです。

またこのそら豆アレルギーは直接食べなくでも、そら豆の花粉を吸いこむ事でも発症すると言われています。

その為、多量摂取やアレルギーを持っている方はそら豆アレルギーの症状を引き起こす可能性もあり、注意が必要となります。

あとがき

そら豆好きにとっては味わいも香りも大きな魅力となりますが、嫌いな方にとってはこの二つは嫌いになってしまう大きな原因ともなってしまいます。

しかし味わいと香りを緩和させてくれる調理法は数多くあり、嫌いな方でも克服出来ると思われます。

ちなみにそら豆が大好きな人は注意が必要で、多量摂取はアレルギー発症の素ともなってしまうので、適量を食べる事がとても大切となります。

▶ 枝豆とそら豆の違い、栄養があるのは?カロリーが高いのは?
▶ そら豆はどのぐらい日持ちする?冷凍保存はできるの?
▶ そら豆は食べ過ぎると太ったり健康に悪い?カロリーや栄養を考える

スポンサードリンク