Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

そら豆の旬の時期っていつなの?

そら豆

茹で上げるとホクホク感と濃厚な味わい、そして素揚げにするとビールとの相性抜群なそら豆。

そら豆が苦手な方も多くいらっしゃいますが、「それ豆があればこれだけで十分」と言う方も多くいらっしゃいます。

そんなそら豆の旬はいつなのか気になってしまう方もいらっしゃいます。多くの方は夏をイメージされる食材かと思われます。

そんなそら豆の美味しい旬についてご紹介致します。

▶ そら豆の別名は夏豆以外にもたくさんあったりするのご存知ですか?

スポンサードリンク

そら豆が一番美味しい時期はいつなの?

ポイント女性

そら豆は産地によって異なり、1月~7月頃からが旬となっています。そして特に美味しいと言われる旬は「4月~6月頃」とされています。

そら豆は初夏を代表する食材ともなっている事で、ビールが最も美味しいと感じられる時期に登場しおつまみの定番ともなっているのです。

鹿児島県辺りで栽培しているそら豆は12月頃には出荷されており、その後北上しながら流通されてきます。しかし濃厚な味わいと独特の香りを最も堪能出来る時期は4月~6月頃に収穫されるそら豆となっています。

でも、いくら旬だからと言ってもそら豆は鮮度が大切な食材ともなっているのです。収穫後の鮮度は非常に衰えやすく、収穫後3日以内に食べないと味わいと風味が損なわれてしまいます。

また豆をさやから取り出すと乾燥や風味が逃げて、さらに変色しやすくもなってしまいます。購入した場合や収穫したらすぐに食べる事が最も旬な時期と言えます。

スポンサードリンク

旬の時期だからこそおすすめしたい食べ方は?

そら豆

旬のそら豆は濃厚で美味しいだけでなく栄養価も非常に高い状態となっています。そんな旬な時期だからこそおススメしたい食べ方はやはりシンプルに茹でる事です。

そら豆は火の通りやすい食材ともなっています。熱湯で2分程茹でる事で程良い硬さが残り、食感を楽しむ事も出来ます。

茹でたそら豆に塩を振りかけて食べる方法がシンプルイズベストとなっています。またそら豆は豆だけでなくさやも栄養が豊富となっています。

さやの部分は食物繊維が豊富となっており、便秘の悩みを抱える過多には摂取したい栄養となっています。

さやは煮込む事で柔らかくなる為、スープ等で食べるとそら豆に含まれている栄養を余す事なく摂取する事が出来ます。

▶ そら豆の薄皮には栄養素が豊富ですが食べるべき?

スーパーで売っている美味しいそら豆の簡単な見分け方は?

調べる女性

スーパーで購入する時に「美味しそうなそら豆ってどれだろう?」と感じる方もいらっしゃいます。

まずさやが鮮やかな緑色の物が鮮度が良い基準となります。茶色かったり黒ずみが観られる物は鮮度が落ちている証拠となります。

またふっくらとした膨らみや重量感が感じられるそら豆は豆の粒が多く、しっかりと成長したそら豆となっています。またそら豆のさやは不要と感じる方もおり、剥かれた状態で購入される方もいらっしゃいます。

しかし、そら豆はさやから出ていると鮮度が落ちやすい食材となっています。より美味しいそら豆を味わいたいのであれば、さや付きを購入する事がおススメとなります。

あとがき

初夏の食材として人気の高いそら豆。4月~6月頃が旬となっており、シンプルに茹でる食べ方がおススメとも言えます。

購入する際には緑色となっている事や、ふっくらとしている事を確認する事で、より美味しいそら豆を味わう事が出来ますね。

▶ そら豆はどのぐらい日持ちする?冷凍保存はできるの?
▶ そら豆は食べ過ぎると太ったり健康に悪い?カロリーや栄養を考える
▶ 枝豆とそら豆の違い、栄養があるのは?カロリーが高いのは?

スポンサードリンク