Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

そら豆は食べ過ぎると太ったり健康に悪い?カロリーや栄養を考える


そら豆

茹でたそら豆に塩を振るとお父さんたちが大好きなビールのおつまみにもなるそら豆。そら豆は栄養が豊富な食材ともなっているのです。

しかし食べ過ぎてしまうと太りやすい食材でもあるのです。そんなそら豆に含まれている栄養やカロリーについてご紹介致します。

▶ そら豆の薄皮には栄養素が豊富ですが食べるべき?

スポンサードリンク

そら豆の栄養や期待できる効能は?

ポイント女性

そら豆は多くの栄養を含んだ食材となっています。

まずタンパク質です。タンパク質は骨や肌細胞といった人のカラダの形成に欠かせない成分となっています。そら豆はタンパク質がとても豊富で、その含有量は大豆に匹敵するほどと言われています。

次にカリウムです。カリウムは体内に蓄積された塩分を排出する働きがあります。女性の多くが悩みとされている浮腫み。

これは体内中の塩分量過多も原因となっています。しかしカリウムを摂取する事で塩分排出効果が得られ、浮腫み解消を行う事が出来ます。

またミネラル分が豊富となっています。鉄分やマグネシウムといったミネラル分の不足は骨の形成にも不可毛悦となっています。

特に女性においては貧血の悩みを抱える方も多くいらっしゃり、そら豆はお勧めな食材となっています。

また美肌作りに欠かせないビタミンCも豊富となっています。ビタミンCは最近を退治したり、肌細胞を活性化させる働きとなります。

ビタミンCをしっかりと摂取する事は肌荒れ防止は勿論、劣化や老化防止にも大きな役割となります。

スポンサードリンク

そら豆のカロリーと一日どのぐらいの量を食べるのがいい?

そら豆

多くの栄養成分を含む事で健康や美容面に優れた効果を発揮するそら豆ですが、実はカロリーの高い食材ともなっています。

そら豆は100gあたり112calとなっています。

これは大体20粒程の量となるので、ついつい手がのびてしまうそら豆は食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになってしまう事もあります。

そんなそら豆を食べるとしたら1日で10~20粒程が適量となります。

食べ過ぎると健康を及ぼすような要素は含まれているの?

お腹を気にする女性の画像
栄養成分が豊富だからといって、そら豆を食べ過ぎると健康面に多くの影響を与える原因ともなってしまいます。

まずは肥満です。

カロリーも高く食べやすい事で、気が付けば独りで全部食べてしまったなんて方もいらっしゃいます。しかしカロリーが高い食材となているので、食べ過ぎによる肥満には注意が必要です。

また食べ過ぎによる「ソラマメ中毒」にも注意が必要です。

日本ではあまり馴染みがありませんが、「ファビズム」というアレルギーの発生の原因ともなってしまいます。

特にそら豆を始め、豆類を主食とするアフリカ等のエリアにおいては大量に摂取する事となりアレルギーを発症するケースがあります。

このアレルギーの症状は発熱、黄疸、重症化になると最悪死に繋がる危険性もあります。

ただそら豆が主食となっていない日本においては、発症率はほとんど無い為、食べ過ぎには注意が必要という認識ぐらいで過敏に反応刷る必要はないかもしれません。

あとがき

濃厚な味わいが魅力ともなるそら豆は健康や美容に効果的な栄養が豊富となています。

しかし食べ過ぎはカロリーオーバーにもなってしまいますし、中毒症状の発症にも繋がります。適量を食べる事で美味しさは勿論、健康面にとっても非常に重要な事となります。

▶ そら豆は臭い匂いが原因で苦手な人が多いです。対処法は?
▶ そら豆の別名は夏豆以外にもたくさんあったりするのご存知ですか?
▶ そら豆はどのぐらい日持ちする?冷凍保存はできるの?

スポンサードリンク