Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

チンゲン菜の保存方法は?冷凍はできるの?日持ちさせるコツは?


チンゲン菜

クセもなく、どんな調理法でも味わえるチンゲン菜。シャキシャキとした食感と鮮やかな色合いが魅力的な食材ですよね。

さてチンゲン菜を購入された時、どのような保存方法を行われていらっしゃいますか。チンゲン菜の保存方法ってなかなか解らない方が多いですよね。

今回は【チンゲン菜の保存方法とは?】【チンゲン菜は冷凍保存できるのか?日持ちさせるコツとは?】についてご紹介致します。

▶ チンゲン菜はあく抜きが必要?茹で方はどうすればいいの?

スポンサードリンク

チンゲン菜の保存期間は?

ポイント

常温

チンゲン菜は【常温保存できません】。常温保存を行うと、葉の部分が萎れてしまいみずみずしさが失われてしまいます。

冬場で室温が低いと数時間や半日は常温保存できますが、高温や暖房設備がある室内では保存できません。

冷蔵保存

チンゲン菜は冷蔵保存がおすすめな保存方法となります。

冷蔵保存させる場合には、袋にしっかりと入れペットボトル等立てて保存できる容器に入れる事が大切です。

また、湿らせた新聞紙で包むという方法もよいですね。この方法で【冷蔵保存させると1週間程】が保存期間となります。

冷凍保存

チンゲン菜は冷凍保存が可能となっています。【冷凍保存させると1か月程】が保存期間となります。

スポンサードリンク

チンゲン菜を日持ちさせるコツはあるの?

チンゲン菜

チンゲン菜を日持ちさせるコツがあるのか気になりますよね。チンゲン菜を【乾燥させると1か月程】が保存期間となります。

チンゲン菜をしっかりと洗い、水気を拭き取ったら適当な大きさに切ります。切り口を上向きにし、通気性の良い笊等に乗せ天日で3日程乾燥させると作る事ができます。

チンゲン菜は冷凍保存ってできるの?

冷凍庫

チンゲン菜は冷凍保存できます。チンゲン菜を冷凍させる場合は、生でもできますし、炒めた後や茹でても保存できます。

生のまま冷凍するべき?下ごしらえしてから冷凍するべき?

チンゲン菜は生のまま冷凍するべきか?下ごしらえしてから冷凍なのか悩む方もいらっしゃいます。チンゲン菜は【生でも下ごしらえしてからでも冷凍保存】できます。

【生で冷凍保存】
1.しっかりと洗い、水気を拭き取る
2.さく切りにして、密閉性の高い袋に入れる

【炒めや茹でてから冷凍保存】
1.適当な大きさで炒め(茹で)てから粗熱を取る
2.ラップで包み密閉性の高い袋に入れる

冷凍すると味は落ちるの?

食材は冷凍保存すると味が落ちるのか心配になってしまいますよね。チンゲン菜は茹でてから冷凍保存する事で、食感や色味を維持して冷凍保存させる事ができます。

チンゲン菜を冷凍させておひたし?ためしてガッテンで紹介されていた!

ポイント

チンゲン菜をおひたしで食べる場合には冷凍させたおひたしが良い事をご存知でしょうか。NHKの人気番組「ためしてガッテン」でも紹介されているのです。

チンゲン菜を冷凍させてからおひたしにすると、ビタミンCの量が多くなるのです。ざく切りにしたチンゲン菜を密閉性の高い袋に入れ、冷凍するだけでよいのです。

チンゲン菜だけでなく、さまざまな食材でこの方法を行えます。

あとがき

チンゲン菜は保存方法によって、保存期間が異なってきます。特にチンゲン菜は生でも下ごしらえした後でも、冷凍保存できる食材となっています。

冷凍してから、おひたしにするとビタミンCをより多く摂取する事もできるので、おひたしにする場合は一度冷凍するとよいですね。

▶ チンゲン菜は生で食べれるの?レシピはスムージーやサラダ?
▶ チンゲン菜って漢字でどう書くの?名前の由来は中国から?
▶ チンゲン菜の切り方と洗い方は?どこまで食べれるの?

スポンサードリンク