Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

ミニトマトとプチトマトの違いとは?フランス語と英語が関係している?

ミニトマトの画像

「小さなトマトのことをあなたはミニトマトと呼びますか?それともプチトマトと呼びますか?」

ミニトマトとプチトマトの違いってただ呼び方が人それぞれ違うだけで同じトマトの品種だと私は思っていました。

しかしきちんとそれぞれの呼び方には理由があるのをご存知でしょうか?調べてみました。

▶ ホールトマト缶とカットトマト缶の違いとは?適した料理は何?

スポンサードリンク

 

ミニトマトとは品種の一つでプチトマトは商品名という説

プチトマトの画像

ミニトマトやプチトマトって一般的に果実の大きさが5~30gくらいの小さいトマトの総称で呼ばれています。

例えば、アイコやぺぺ、イェローミミなどの品種をミニトマトやプチトマトと呼んでいます。

では、ミニトマトとプチトマトの違いはなんなのでしょうか?

いつからいつまでかはハッキリとわかりませんが、タキイ種苗株式会社が「プチトマト」という品種のミニトマトを輸入販売していたことがあったようです。

現在では輸入販売されていませんが、その時の名残から今ではミニトマトをプチトマトと呼ぶ人が増えたようです。

本来なら小さなトマトの事をミニトマトと呼ぶのが正しいのですが、昔流行ったプチトマトという商品名が世間に浸透してしまい、「小さなトマト=プチトマト」と呼ぶ人が増えたという事ですね。

結局はミニトマトでもプチトマトでもどっちでもいいってことです。

でも、プチトマトは商品名ということになると、商標などに厳しい放送局などでは一般名称として使われている「ミニトマト」を使わなければならないようです。

スポンサードリンク

ミニトマトは英語名、プチトマトはフランス名で基本的に同じという説

ミニトマトの画像

ミニトマトのミニは英語のミニマム(minimum)、プチトマトのプチはフランス語のプティ(petite)からきています。両方とも小さいという意味があって、5~30gほどのトマトをミニトマトとかプチトマトと言う説もあります。

英語かフランス語かの違いというわけですね。しかしミニトマトとプチトマトどっちも基本的には同じだといっても言葉から受ける印象が違うと思いませんか?

ミニとプチならプチの方が可愛くて小さいイメージがあるようで、一般的にはトマト、ミディトマト、ミニトマト、プチトマト、チェリートマトの順に小さいサイズだと言われているようです。

でも、実際はハッキリとした区別はないので、そのトマトをどんなイメージで売りたいかによって名前がつけられているようです。

さらに似ているチェリートマトというものもある?

ポイント女性

とっても小さいイメージのあるチェリートマトはミニトマトの一品種です。

航空機の機内食用に品種改良されたミニトマトで、丸くて形や大きさがさくらんぼに似ていることからチェリートマトと名付けられたそうです。

甘味と酸味のバランスがよくて、どちらかといえば甘味が強いチェリートマトは子供たちにも食べやすいと大人気。

チェリートマトの農家さんは独自の栽培技術でフルーツのような甘さを実現し、適度な酸味を加えることで味に濃厚感を出すということにこだわっているのだそうです。グルタミン酸などのアミノ酸も多く含まれていて、コクのある旨味が後味に残ります。

チェリートマトはサラダなどに入れて生で食べられることが多いようですが、火を通すと甘味とコクが増してもっと美味しく食べられます。

スープやピザ、炒め物にもチェリートマトを使ってみてください。

まとめ

ミニトマトとプチトマトはどう違うのかというのを調べた結果2つの説があることがわかりました。

私の主観ですが、おそらくプチトマトという商品名が日本で浸透したことがミニトマトとプチトマトが混同してしまう理由だと思います。

このプチトマトという商品名を付けた由来はフランス語のプティ(petite)から取ったのではないかな?と推測しました。

▶ トマトが嫌いな子供に苦手を克服させるための方法とは?

スポンサードリンク