Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

冬瓜とかぼちゃ(南瓜)って同じ仲間?違いは?


冬瓜

畑でさまざまな野菜を栽培されている方も多いですよね。

「今日は南瓜が収穫できた」と思って包丁で半分に切ってみると「アレ?身が黄色じゃないし、種も違う」なんて経験はありませんか。

南瓜と外観は似ているけれど、実はこれ冬瓜なのです。

今回は【冬瓜と南瓜は同じ仲間?】【冬瓜と南瓜の違い】についてご紹介致します。

▶ 冬瓜と夕顔の違いと見分け方は?

スポンサードリンク

冬瓜とかぼちゃの味などの違いは?

ポイント

冬瓜と南瓜は外観がソックリでも中の身は全く違いますよね。そうなると「味の違い」がきになりますよね。そこで冬瓜と南瓜の味の違いを比べてみます。

  • 冬瓜…加熱するとトロッとした食感となるが、タンパクな味で調味料を加えないと美味しさが感じられない
  • 南瓜…ホクホクとした食感と濃厚な甘味を楽しめる

冬瓜と南瓜は全く異なる味わいの食材となっています。

冬瓜とかぼちゃの栄養価の違いは?

かぼちゃの画像

冬瓜

ビタミンCがたっぷりと含まれています。ビタミンCは肌細胞の活性化や免疫力アップに欠かせない成分です。

特にシミやシワ、ハリの失いといった多くの女性が悩みとされる肌トラブルに効果的な成分です。

カリウムも多く含まれています。カリウムには体内中の塩分を排出する効果があり、浮腫みや高血圧といった症状の予防や改善に効果が期待できます。

南瓜

南瓜にはβカロテンがたっぷりと含まれています。βカロテンは体内に摂取されるとビタミンAに変化します。

ビタミンAは皮膚細胞の修復や再生に効果的で、高いアンチエイジング効果が期待できます。さらに発ガン予防や視力回復といった効果を得る事もできます。

また浮腫みの解消や高血圧予防効果となるカリウムも豊富に含まれています。

さらに食物繊維も豊富となっています。食物繊維は腸内環境を整える効果があり、便秘解消や毒素・老廃物の排出にも高い効果が期待できます。

スポンサードリンク

冬瓜とかぼちゃは似ている?違う?

考える女性

冬瓜と南瓜は外観が似ている食材となっており、見分ける事が困難となってしまう事もありますよね。そんな冬瓜と南瓜の違いをご紹介致します。

  • 冬瓜:実の表面はツルツルとしており、葉っぱは大きく広い傘のような形をしています。
  • 南瓜:実の表面はデコボコとしており、葉っぱはカエルの手のような形をしています。

実の色合いや葉っぱの形が異なる冬瓜と南瓜ですが同じ「ウリ科」の植物となっており、仲間と言えます。

西瓜は冬瓜と似ている?違う?

スイカの画像

冬瓜と南瓜は似ている点は沢山ありますが「西瓜と冬瓜」は似ているのか気になりますよね。

  • 西瓜:西瓜の旬は夏、そして水分量が95%の果肉となっています。
  • 冬瓜:冬瓜は「冬」が付いている事で、冬が旬と感じてしまいますが旬は夏となっています。

夏に収獲した冬瓜を貯蔵し、冬場の保存食としていた事から冬瓜と名づけられています。そして冬瓜は水分量が90%以上の果肉となっています。

西瓜と冬瓜は共に夏が旬で、水分量が多い果肉となっています。また共に「カリウム」という成分が含まれており、似ている植物と言えますね。

▶ 冬瓜の旬は夏?「冬」という漢字がついている理由は?

あとがき

冬瓜と南瓜は同じウリ科の仲間となっているのです。また西瓜と冬瓜も似ている点が沢山ありますが、こちらもウリ科の仲間なのです。

味や見た目、栄養が異なっても「名前に瓜」が付いていると同じ仲間と思って良さそうですね。

▶ 冬瓜のわたや種は捨てるのが勿体無い!栄養価とおすすめレシピは?
▶ 冬瓜の皮のむき方は?実は皮は酢の物やきんぴらで食べられる?
▶ 冬瓜は生で食べられるの?苦味や栄養は加熱するのと違う?

スポンサードリンク