Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

あなたはヨーグルトが好き?それとも嫌い?その理由は?


ヨーグルト

くちどけもよく、濃厚ながらさっぱりとした味わいが魅力的なヨーグルト。そのままは勿論、お菓子やパン、料理などの材料としても重宝される存在ですよね。

さて、ヨーグルトが好きな方は毎日のように食べていらっしゃると思われますが、嫌いな方にとってはとことん嫌いな食品ですよね。

今回は【ヨーグルトが好きな理由と嫌いな理由とは?】について触れてみたいと思います。

▶ プレーンヨーグルトには塩分が含まれているの?減塩効果はないの?

スポンサードリンク

ヨーグルトが好きな人の理由は?

OKをする女性

「ヨーグルトが好き」という方は多くいらっしゃいますよね。まず、ヨーグルトは濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。濃厚ながらスッキリとした味わいと、酸味の効いた爽やかな香りが魅力的ですよね。

そんなヨーグルト独特の味わいが好きという方が多くいらっしゃいます。そして、健康面や美容面に効果的な食品という面もありますね。

ヨーグルトには乳酸菌がたっぷりと含まれており、腸内環境を整える効果があります。多くの女性が便秘や肌荒れの悩みを抱えていらっしゃいますが、これは腸内環境の働きが低下し、排便の衰えや毒素・老廃物が蓄積されている事が原因の一つとされています。

ヨーグルトを食べると、腸内環境の働きが促進され快便になり、毒素や老廃物の排出、さらにはダイエット効果と女性に嬉しい効果を得る事ができるのです。

スポンサードリンク

ヨーグルトが嫌いな人の理由は?

いらない画像

「ヨーグルトが嫌い」という方も多くいらっしゃいますよね。

まずドロッとした食感です。ヨーグルトはドロドロとしており、この食感が嫌いになる原因の一つとされています。

そっして独特の味です。ヨーグルトの味って、好きな方にとっては全く気に掛かりませんが、嫌いな方には特有の味わいとなっています。

牛乳やチーズ、バターといった乳製品は好きでも、ヨーグルトは嫌いという方がいらっしゃいます。

そして、酸味の効いた香りです。ヨーグルトは発酵食品となっています。その為、独特な酸味のある香りがあり、苦手な方にとっては嫌いな要素となります。

▶ ヨーグルトは酸味がある原因は?抑えるためにはどうすればいい?

ヨーグルトが苦手な人でも食べられるようにするレシピは?

ヨーグルト

ヨーグルトが苦手な方は沢山いらっしゃいますが、とても栄養があり積極的に食べて欲しい食品の一つとなっています。そこで、ヨーグルトが苦手な方でも食べる事ができるレシピをご紹介致します。

カルピスとヨーグルトのゼリー

W乳酸菌パワーな上、カルピスの甘味と香りでヨーグルト特有の味や香りが緩和され、食べやすくなります。

1.400CCの水を温め10gのゼラチンを入れて、よく溶かす
2。ほんのりと粗熱が取れたら牛乳600CCを加える
3.カルピス200CCも加え良く混ぜて、容器に移せば完成。

お好みでフルーツ缶詰を混ぜても良いですし、水の代わりに炭酸水で作るとシュワシュワ感を楽しむ事ができます。

あとがき

ヨーグルトはとても多くの栄養が含まれていますが、嫌いな方にとっては口にできない食品となってしまいます。

しかし、ヨーグルトはどんな料理でも使え、アレンジも可能となっているので、ヨーグルトを克服できるレシピが数多くあり、是非トライしてみては如何でしょうか。

▶ ヨーグルトのみを朝食にすると実は太るというのは本当?
▶ ヨーグルトは加熱すると乳酸菌が死滅して効果がなくなるのは本当?
▶ ヨーグルトは朝と夜いつ食べるのがいいの?適した時間は?

スポンサードリンク