Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

ハロウィンのスペルと挨拶等で使える英語のメッセージは?

     ハロウィン

西洋の怖いお化け

今回はハロウィンの英語に関する記事を書きました。この記事に書かれている内容は主に2つです。

「ハロウィンって英語のつづりはどう書くの?」
「ハロウィンに関する使える英語のメッセージは?」

ハロウィンは外国のお祭りです。そこで向こうの雰囲気っぽく英語の挨拶や英語のセリフなどを覚えておくと本格的になると思います。

誰でも知っているハロウィンの名台詞といえば「トリック・オア・トリート」だと思います。

他にもたくさんのハロウィンの時に言いそうなセリフをまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

▶ 2016年のディズニーハロウィンの期間と厳しいルールについて

スポンサードリンク

 

ハロウィンのスペルは『Halloween』

英語のアルファベット

ハロウィンのスペルは『Halloween』です。

ハロウィンの語源が『All Hallow’s Even』(諸聖人の祝日の前夜)という意味です。

ケルト人の新年である諸聖人の祝日(All Hallows)は11月1日なのですが、その前日(Even)の事を言います。日本で言うと大晦日みたいなものだと思います。

この言葉が時代とともに訛っていき、『Halloween』に変化したと言われています。

ちなみに『Hallowe’en』とも言うことがありますが、日本では『Halloween』の方が目立ちますね。

ハロウィンのスペルは意外と間違えやすいので注意

結構『Halloween』のスペルって間違えます。

一番多くある間違えは『Helloween』ですね。英語のHelloだと勘違いして覚えている人はaをeとしていることが多いです。

次に間違えやすいのは『lが1つ少ない』『eが1つ少ない』というミスです。『Haloween』『Hallowen』となってしまうパターンですね。

そして日本人だけ間違えやすいのが『LとRを間違えてしまう』というパターンもあります。『Harroween』と間違ってしまう人もいます。

そんな単語はないのですが、日本人がこの英語まがいのつづりを読むとハロウィンと読んでしまうと思います。

日本語でどちらも『らりるれろ』という発音で同じなのですが、他の国はしっかり区別があるようです。

スポンサードリンク

 

ハロウィンで使える英語は?

考える女性

ハロウィンの日にできるだけ日本語を使わないで英語で喋るってお洒落だと思います。ハロウィンの日に使いそうな英語をまとめてみました。

ハロウィンの挨拶と言えばトリック・オア・トリート!

ハロウィンでよく使われる挨拶の流れを紹介します。

「Trick or treat! 」(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ! )
「Happy halloween!」(楽しいハロウィンを)
「Thanks you!」(ありがとう)
「Don’t eat too much candy on Halloween.」(飴を食べ過ぎないでようにね)

子供たちがお化けなどに変装して家に押しかけてお菓子を貰う。そんな時の会話の流れはこのような感じだと思います。「Trick or treat! 」は有名な言葉なので意味もしっかり覚えておきましょう。他にも使いそうな挨拶は・・・

  • Happy Halloween and have a good evening.(素晴らしいハロウィンの夜を)
  • Enjoy a spooky night.(気味の悪い夜を楽しんで)
  • I hope we will have a great Halloween.(楽しいハロウィンでありますように)
  • Have a nice trick-or-treating! (楽しいキャンディー狩りを過ごしてね)

などが挨拶でよく使われる英語の文例ですね。
ただ難しく考えずに「happy halloween!」と騒いでいるだけで外国人には伝わりますし、日本ではそれで十分通用すると思います。

ハロウィンといえば驚かす!怖がる!

日本人が人を驚かす時には「わっ!」と声をかけると思います。英語でそれにあたる言葉は何でしょうか?

『Boo!』

という言葉を英語ではよく使います。日本人だと『Booing(ブーイング)』といえばわかりますね。このBooが驚かす時によく使われる言葉です。

では驚かされた人はどういう叫び声をあげるのが一般的でしょうか?

『Eek! 』(キャー)

コレが一般的な叫び声になります。イークと発音します。驚かされた後の反応は、

『You scared me! 』(怖がらせないでよ!)

と返します。

その他にハロウィンで使いそうな英語の文例は?

  • Are you going to wear Halloween costume?(どんな仮装をハロウィンでは着るの?)
  • I’ll be a witch this year! (今年は魔女に変装する予定よ!)
  • How do I look?(似合っている?)
  • You look great!(とても良く似合っているよ!)
  • Way too cute! (とても可愛いよ!)
  • It’s spooky!(とても気味が悪い!)
  • It’s creepy!(とてもゾクゾクするわ!)

まとめ

ハロウィンに使える英語のフレーズは以上になります。

日本でハロウィンを楽しむなら最低限「Trick or treat! 」と「Happy halloween!」を覚えておけば雰囲気は十分に楽しめると思います。

▶ 自宅でハロウィンのパーティーを開く時に気をつける事は?

スポンサードリンク