Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

子連れで花火大会に行く時に便利な持ち物や気をつけることは?

花火大会

人混みで大変な思いをするレジャーのひとつと言えば夏の花火大会です。

特に子連れなら子供が快適に花火を楽しめるように気を配らなければいけませんし、周りにも迷惑をかけないようにとても気を遣います。

出かける前に持ち物や心構えを確認しておきましょう!

▶ 夏休みに子供を連れて家族旅行に行くべき?それとも・・・

スポンサードリンク

子連れの花火大会で持っていくと便利なものは?

外国人が考える

花火大会に限らずレジャーの際に持っていくべきアイテムは最低限揃えましょう。

例えば雨具です。人混みの中では傘をさすと邪魔になりますし、花火を見る時にも畳むことになるのでレインコートを用意するべきです。

レインコートは風も防げるので防寒アイテムとしても役立ちます。他にはレジャーシートや折りたためるコンパクトタイプの椅子があると便利です。

ちょっと食事をしたり足が疲れた時に休憩するのにも役に立ちます。荷物にならないようなサイズのものを持っていきましょうね。

夜は思った以上に冷えることもあるため上着も持っていくといいですよ。

あると便利なアイテムはたくさんある

喜ぶ子供

その他にも花火大会で役に立つアイテムはたくさんあります。例えば蒸し暑い夜になりそうならうちわです。

花火大会が始まるまで待つ時間もあると思います。そこでうちわがあればちょっと暑さをしのげそうな気がします。

他には虫除け対策としてスプレーや虫除けリング、靴擦れに備えて絆創膏、迷子対策として電話番号や住所を書いたものを子供に持たせておくというのもおすすめです。

とっさの時に自分の電話番号や住所が言えない子は多いと聞きます。持たせておくだけで子供も安心できると思いますよ。

スポンサードリンク

子連れで花火大会に行く時に気をつけることは?

調べ物をする男性

子連れで花火大会に行く時、特に気をつけたいのは子供とはぐれないようにすることです。

人混みの中では探すのも大変ですし、子供もこちらを探しているうちにどんどん離れていってしまうこともあります。

もしはぐれた時は遠くまで行かずに待たせるようにしたり、目印になる場所を最初に決めておいてそこに集まるようにしておくといいですよ。

子連れの夜のおでかけは子供が妙なテンションになってはしゃぎすぎることもあります。人にぶつかったり大声を出して周りに迷惑をかけないように言い聞かせておきましょうね。

あとは交通手段についてです。花火大会の終了後には帰る人の波が押し寄せて大人でもちょっと恐怖を感じる時があります。

子供を少しでも安全に帰宅させるには早めに切り上げて帰ることも考えましょう。渋滞の心配や混んでいて電車を見送る可能性もあるため、食事やトイレは早めに済ませておきましょうね。

まとめ

子連れの花火大会は楽しい思い出にしてあげるために親もけっこう大変な思いをします。

でかけるのであれば前もって場所を予約できる花火大会を選んだり、穴場の花火大会を探しておくといいかもしれませんね。

子供が大きくなるまでは花火大会のスケールよりもお互いがストレスなく楽しめる方法を探りましょう。

▶ 子連れで海に行く時に持っていくと便利な持ち物は?

スポンサードリンク