Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

6月2日は路地の日。古きよき住宅地の風情はどこへ?

路地の画像

出典:http://pi.blog.jp/archives/52000007.html

6月2日は路地の日と言う記念日に制定されています。「路地に記念日?」とちょっと理由がわからない記念日ですが、路地って今は少なくなっていますよね?

そもそも路地ってどういう定義なのかな?と思うと曖昧な感じがします。今回は路地の日という記念日が作られた理由や、路地ってどういう道路を差すのかな?とかそういうことを考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

路地の日が作られた由来とは?

何故6月2日にしたのか?

『62=ろじ』という語呂から路地の日にしたみたいですね。6月2日にした理由は記念日あるあるの語呂合わせでした。

何故路地の日という記念日を作ったのか?

路地の日は古きよき路地という昔の風情が残る道路の良さを再認識して欲しいという理由で作ったそうです。

確かに今の道路ってとても整備はされているんですが、風情っていうのはあまり無い気がします。路地ってごちゃごちゃでとても綺麗な道ではないんですが、そのアンバランスな道が生み出すハーモニーがとても雰囲気のある道を作りだしたりするんですよね。

計算されていない偶然出来た道みたいな感じでしょうか。ああいうのは狙って作れる道ではないと思います。

制定したところは長野県下伊那町

この町に「路地を歩く会」という会合があって、路地文化に力を入れている町のようです。ちなみに下伊那町は五街道で有名な「中山道」と「甲州街道」が分岐する地点ということで宿場町として発展していた町のようです。

スポンサードリンク

 

路地ってそもそもどういう定義なの?

路地ってどういう道のことを路地っていうかと聞かれるときちんと答える自信がありません。調べてみると、wikiには「家と家との間の狭い道路のこと」と書いてありました。

私も路地は狭い道みたいな認識だったのですが、それだけではなくて、町の主要な道路に面していない所というのも定義にあるようです。

でもこの定義だと、そこに住んでいる人以外路地に入り込むことできませんよね?この定義はあまり使われていないのではないでしょうか?

恐らく道として作られたわけではなく、家と家の間にできた自然の隙間が路地になっていると私は思います。

人気のない路地は危ない?

漫画とかドラマだと、人気のない路地でカツアゲされていたり、女の子が男に迫られていたりするシーンってありますよね。そう思うと路地は少し危険な道なのかもしれません。

人の目があまり行き届かない道であることには間違いないのですから、そこが犯罪の温床にならないとはいえません。痴漢とかそういうのも起こりえるので、幼い子や女の子が路地を一人で歩くのは危険だと思いますね。

路地の日のまとめ

・路地の日は6月2日
・語呂合わせで『62=ろじ』が由来
・路地の日をつくったのは長野県の下伊那町

 

スポンサードリンク