Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

端午の節句で柏餅を食べる意味。味はどれが好きですか?

     こどもの日

柏餅の画像

端午の節句で柏餅を食べますよね?スーパーでもゴールデンウィークあたりから並び始めます。私は柏餅がかなり好きな和菓子なのでウキウキしてしまいます。

しかしそもそも何で端午の節句で柏餅を食べるの?という疑問があります。今回は食べる意味と柏餅の味の種類に関して記事にしました。

スポンサードリンク

 

端午の節句とは?

中国から伝わった五節句のうちの一つ、日本で馴染みのある節句は1月7日の人日の節句(七草の節句)と3月3日の上巳の節句(桃の節句)と5月5日の端午の節句が馴染みのある節句ですね。

【五節句まとめ】
・1月7日:人日の節句(七草の節句)
・3月3日:上巳の節句(桃の節句)
・5月5日:端午の節句(菖蒲の節句)
・7月7日:七夕の節句
・9月9日:重陽の節句(菊の節句)

人日の節句以外は月の日が重なった日が節句になっていますね。それにはワケがあって月と日が重なる日は神の力が強く働くめでたい日という理由があるようです。1月7日だけ違うのが気になるのですが、1と7が似ているカラとかそういうのはないですよね。

スポンサードリンク

 

端午の節句に柏餅を食べるワケ

子孫繁栄を願って食べる

柏餅って何で柏の葉を巻いて食べるかというと柏の葉に意味があるからです。柏ってどんな樹か知っていますか?樹って秋になると葉っぱが落ちて春になったら新しい芽が出るものなのですが、柏は新芽が出るまで葉が落ちないんです。

まるで子どもが大人になるまでは親はいなくならないという縁起を担ぐ意味で柏餅を食べるという説が有名ですね。

柏手と柏餅の関係から神聖な食べ物として

柏手の由来って拍手と混同してしまったという説が濃厚ですが、柏の葉っぱと柏手をする形が似ているから神聖な食べ物として端午の節句に食べるという説ですね。コレはちょっと無理があるかなと思います。

防腐剤がなかった時代に腐らせないように巻いていた

特に神聖なとか縁起がいいとかそういう理由ではなく、もっと実利的な意味で柏餅を巻いていたという説ですね。柏の葉っぱには薬効効果があって防腐剤代わりに巻いていたのではないかという説があります。

ただ、縁起とかを担ぐ昔の人がこんな実利的な理由で私は巻いていたのかな?と思うと少し疑問には思います。

柏餅の味の種類は何が好き?私は味噌あん一択!

人それぞれ好みがあります。今柏餅の味として一般的なのはこしあんやつぶあんがメジャーですが、私は味噌あんが一番好きです。

お団子とかでもそうですけれど、こしあんとつぶあんは他の和菓子でも食べる機会はあるのですが、味噌あんって柏餅以外食べる機会が無いと思います。なので何か味噌あんって新鮮なんですよね?この季節とか食べられませんから。

スポンサードリンク