Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

こどもの日にプレゼントはあげなくていい3つの理由とは?

     こどもの日

こどもの日の画像

こどもの日に子供から「何でプレゼントはないの?」と言われた経験ありませんか?その後追撃で「○○君はプレゼントもらったって言ってたよ!」と子供の純粋無垢な攻撃。

少し濁りきっている私達の対抗手段としては「ウチはウチ、ヨソはヨソ」という苦し紛れの言い訳をしてしまったことはないでしょうか?

ちょっと頭が切れる子供だと「母の日にはプレゼントをあげて、何でこどもの日にはプレゼントくれないの?」という追撃までしてきますから子供だからといって侮れません。

私の持論でこどもの日にプレゼントはあげる必要はないと思います。子供にプレゼントをせがまれた時にあげなくていい理由を今回は3つ紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

理由1.自分はこどもの日にはプレゼントは貰っていないから

結構、親にしてもらったことを子供にしてしまうっていうのはあると思うんですよ。うちの親とかは何を考えたか、サンタさん用のプレゼントと親からのプレゼントを2つ用意してくれました。

そしてサンタさんがいる理由の根拠に「私達がわざわざ2個用意するはずないでしょ?」という根拠に私は完全に騙されて小6まで信じていました。

でもコレって凄いなと正直思いましたので、私も同じような理由をつけて同じことしています。こどもの日に関しては親からプレゼントを貰っていませんのであげません。

ただ、あげないけれどいつもとは違う料理、ケーキなどは用意します。

理由2.こどもの日は子供とコミニュケーションを取る日だから

こどもの日はプレゼントをあげる日ではなく、子どもと一緒に遊ぶ日だと私は思います。なので旅行に連れて行ったり、子供が喜びそうなところに遊びに連れて行くほうが絶対プレゼントをあげるよりも有益だと考えます。

正直プレゼントをあげたらそこで終わりなんです。子供の時の私の感覚もそういう感じだったので有り難みって意外と子供は感じません。

でも一緒に遊んだ思い出って結構残っているんですよ。そういう意味でモノをあげるよりも、思い出を作ってあげたほうが絶対良い親の行動だと私は思います。

理由3.母の日との違いはこどもの日の由来は子供の成長を願う記念日だから

母の日は母に感謝をする日ですが、こどもの日は子供に感謝をするのではなく、健やかに育って欲しいと願いが込められた記念日。

母の日とこどもの日はやはりあり方が違うと思います。そこをきちんと子供に説明するといいと思いますね。「あなたに感謝をしているわけではなくて、あなたの成長を願う記念日なのよ?だからいつもよりちょっと豪華なご飯を用意する記念日よ」ぐらいが子供が納得する理由ではないでしょうか?

スポンサードリンク

 

何でもモノをあげる事で解決する親は間違っている

正直、子供を甘やかす親って最近結構多いと思います。モノをあげておけば子供は喜ぶからそれで安易に物事を解決する流れですね。

そういう風に育ててしまうと子供がわがままに育つと私は思います。かと言って厳しく育てすぎても逆効果なのは言うまでもありません。

子供に対して躾けずに甘やかすだけ甘やかして、教育は学校に丸投げをする親が本当に最近は多いです。そのくせ、子供にちょっとでも体罰でもあったら大騒ぎするのですから・・・。

甘やかすところは甘やかして、悪い時はきちっと怒る。それが親としてのあり方だと思います。子供を躾けるのは学校ではありません。親の教育だと思います。

スポンサードリンク