Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

防災頭巾とヘルメットってどっちがいいの?考察してみた


防災頭巾の画像
防災頭巾とヘルメットは大事な災害防具の必需品となっていますが、防災頭巾を知らない方も多くいます。

今では自然災害の被害も多くなり、防災対策を高める動きも活発になっています。

家でも簡単に置けて、大切な子供達を守る働きをするのを目的にした防災用具の知識を取り入れて役に立てましょう。

ここでは、防災頭巾とヘルメットの利便性を充分に理解してもらうために説明していきます。

▶ 防災頭巾の必要性とは?布だけれどきちんと効果があるの?

防災頭巾のほうが優れている点は?

ポイント男性

防災頭巾を知っている方が思い浮かぶのは、戦時中に避難するときに被っている帽子と考えるのではないかと思います。

今では、災害防具の1つとして再認識されて地域によっては小・中・高の学校でも準備している学校があります。そして、多くが改良されて使用されるようになりました。

防災頭巾の利便性としては、肩から頭部全体を守る働きをすることです。使用している布にも特徴があり、火の粉などの耐性や暴風を和らげることも重要視しています。

防災頭巾の種類も多く販売されていますが、耐性などを考えて日本防災協会が認めているのが良いと思います。防災製品シールで確認できます。

耳も覆いかぶさり保護できるようになっているので、音が聞こえにくいのではないかと考えますが、耳の部分に穴が開いていて音が聞こえるようになっているのも準備されています。

クッションとしての役割りもあり、冷たいコンクリートの下でも冷えから守る働きや机の横や椅子の下にも置けて、緊急時の避難でもすぐに対応できます。

小さなお子さんでも、持ち運びやすく使用しやすいのが特徴でもあります。

ヘルメットのほうが優れている点は?

ポイント女性

ヘルメットは色々な種類があり、被ってする仕事やバイクや自転車に乗るときなどで被る必要があります。それは、頭部を守る働きをするからです。

防災ヘルメット(保護帽)とは災害では何が落ちてくるか分からないことや足場が悪く転倒などから頭部の衝撃を和らげる効果があります。

本格的な防災ヘルメットは国からの基準を満たしたものもあり、それ以外でも防災ヘルメットとしての機能を備えた物も多くあります。

防災ヘルメットは感電耐性・墜落時衝撃耐性・飛来・落下物耐性・耐熱性などがあり、今では機能が重なった防災ヘルメットもあります。

持ち運びは不便になりますが、備えていれば急な災害時でも危険を回避できる率が高くなると考えられます。

スポンサードリンク

私は○○のほうがいいと思います

考える女性
私はどちらも必要性が高いと考えますが、やはりヘルメットの方がメリットが高いと思います。

以前にバイクに乗っていたことがあるのですが、何回か転倒したことがあって頭を打ったことがあり、ヘルメットを被って良かったと思えたことがあります。

災害によっても必要性に違いが少しあると考え、火の粉や小さな飛来物なら防災頭巾の利便性を活かすことができます。

地震災害などでは、落下物の危険性や転倒などを考えると防災ヘルメットで衝撃を和らげる効果に期待します。

落ちてくる衝撃は高さや大きさで変化しますが、小さな物でも高さがあるとかなりの衝撃です。

個人の意見で違いがありますが、保護ではなく危険から守ると考えるなら、防災ヘルメットではないでしょうか。

実は折りたたみヘルメットというものが普及しはじめている?

ヘルメットは持ち運びにくいのが最大のデメリットでしたが、今では折りたたみ式もあり、デメリットを解消しています。

多くの種類が普及していて、選ぶ際には耐性などを重視して考えるようにして下さい。

そして、ヘルメットと防災頭巾のメリットを合体させたのもあり、携帯用としても便利になっています。

小さなお子さんでも運べるようにもなり、学校でも持っていくことができるようになりました。

安全性を考えて折りたたみの利便性を活かし、どこにでも持って行けます。

あとがき

今からの時代は自分で防災から身を守るためにも、必要最低限の道具を揃えておくべきと考えます。

家族・子供を守るためにも防災に対しての知識を高めて、急な災害でも対応できるようにすべきと考えます。

▶ 防災頭巾は洗濯するもの?正しい洗い方はコレ

スポンサードリンク