Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

あなたは夫婦で財布を別々にしていますか?それとも一緒派?

財布の画像

結婚した夫婦は家計をひとつにまとめるものでしょうか。

考えてみると最近は働く妻もかなり増えたので、別々のままそれぞれで管理していることも珍しくないのかもしれませんね。

みなさんはどうされていますか?まだ独身の方は将来どうしたいと考えていますか?

スポンサードリンク

夫婦で財布を分ける場合のメリットとデメリット

メリットとデメリット

夫婦で財布を分けておく場合の最大のメリットはそれぞれが自由にお金を使うことができるということです。結婚したからといって何もかも相手に管理されてしまうのは窮屈なもの。

自分で稼いだお金くらい好きにさせてほしいと主張したり、相手を尊重して財布を分けようと提案するパートナーもいるのではないでしょうか。

しかし、そこには最大のデメリットも待ち受けています。それはお金が貯まりにくいということです。

お金を貯める目的として共働きを選択する夫婦も多いですが、入った分だけ使ってしまうくらいならどちらかの収入だけでやりくりする方がまだマシ…なんてことにもなりそうです。

財布を分ける場合はこれを防ぐためにそれぞれがしっかり家計簿をつけておくべきです。そして定期的に見せ合って指摘し合うことも大切ですね。

夫婦で財布が一緒の場合のメリットとデメリット

メリットとデメリット

夫婦で財布が一緒の方が管理しやすいというメリットがあります。

ひと昔前の専業主婦が多かった時代は特にそうですが、妻がお金を管理して夫にお小遣いを渡すというスタイルが一般的ではなかったでしょうか。

そうすることで夫の無駄遣いを防ぐことができますし、普段お金を管理しない男性側にとっても面倒なやりくりを妻に任せた方が楽でしょう。

「稼ぐのが自分の仕事、後は任せた」と言える夫は頼もしくも感じますし、二人の財産として増やしていこうという思いもより一層深まるような気もします。

ただ、家計をひとつにまとめてしまうと離婚の際の財産分与が面倒になるようです。それに、お金に余裕があるような気になってどんどん使い込んでしまうこともありそうですね。

今と将来のどちらを重視して暮らすかによっても決め手が変わるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

わたし達夫婦はこうしています!

ポイント女性

わたし達夫婦の場合は夫の収入で生活費をまかない、妻の収入はすべて貯金に回しています。すべてと言っても妻の収入自体がそれほど多くないので貯金に回る金額も大したことはありません。

それでも知らず知らずのうちに別の口座にお金が貯まっていくという楽しさと安心感が気に入っているんです。なかなか貯金ができないという方達にはこの方法をおすすめしたいですね。

こうすることで生活費がギリギリの月や赤字の月も大らかに構えることができますし、不安定な妻の収入に頼ることなく計画的にやりくりをしていけるんです。

まとめ

わたし達夫婦は今のやり方にお互い満足しています。お金に対する考え方が共通していることは、夫婦がうまくいくためにとても大切なことですね。二人に適したスタイルを見つけていきましょう。

スポンサードリンク