Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

年末の大掃除はいつから始める?短期型と長期型を考察する

大掃除の画像

「大掃除っていつから始める?」

家庭によって大掃除を始める時期って違ったりしますよね?私の実家では毎年クリスマスが終わったあたりから大掃除をはじめて、紅白歌合戦を見ながら必死に床掃除をしている母親の姿を思い出します。

「なんでそんなに計画性がないんだろうな」

と今となっては思いますが、ウチの実家は短期集中型の大掃除派の家庭だったということがわかります。

対して12月初旬から準備を始める、早いところでは11月から大掃除を始める長期じっくり型の大掃除派の家庭もあります。

ではどちらが良いのでしょうか?今回は短期型のメリットとデメリット、長期型のメリットとデメリットについて考察していきたいと思います。

スポンサードリンク

短期集中型の大掃除をする

走る会社員

短期集中型の大掃除とはだいたいクリスマスが終わった12月26日から大掃除を始める家庭の事をいいます。

私の実家もそうですし、私自身も短期集中型の大掃除を年末にしています。やっぱそういう家庭で育ってしまったのでそれが当たり前と思ってしまっているのかもしれませんね。

では、短期集中型の大掃除のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

短期集中型の大掃除をするメリットとは?

メリット

短期集中型のメリットは短期間で終わらせてしまうという部分が一番のメリットですよね。

サラリーマンの人とかは休日暇な時間はあまりありません。平日の疲れを癒やしたり、予定が入っていて掃除をする暇があまりない人多いと思います。

そういう人は年末の仕事納め後に集中して大掃除をした方が捗るというのは間違いないと思います。

次にあげられるのは、クリスマスの後というのがメリットですね。長期的に大掃除をしてしまうと掃除中にクリスマスのお飾りが邪魔だったりするんですよ。

だからクリスマスの片付けを終わってから始めたほうが効率がいいと思います。

短期集中型の大掃除をするデメリットとは?

デメリット

年末に短時間でするということで、年末の予定が全て大掃除になってしまうというデメリットがあります。

せっかくの年末の長期休暇を大掃除で終わらせてしまうというのは勿体無いですよね?家族旅行とかを計画できません。本当に一息つけるのは年が明けてからになるというのが短期集中型の一番のデメリットだと思います。

次におせち作りをする人にとっては大掃除とおせち作りの両方をしなければいけないのでとにかくハードスケジュールになってしまいます。

うちの実家が毎年そんな感じでした。手作りお持ちを作って、おせちを丁寧に作って、勿論大掃除をして。毎年とても忙しい年末を過ごしていました。

これだけハードスケジュールだと気持ちに余裕がないんです。子どもだった私はちょっと変な事をすると大声で怒られました。

「せっかくお父さんがいるのに・・・何か年末ってつまらないな」

そんな風に年末を過ごした記憶があります。

そして最後に大掃除を妥協してしまうというデメリットがあります。

「忙しい、時間がない、まあこの程度でいいか・・・」

みたいな完璧な大掃除を終わらせる事ができずに妥協して年が明けてしまうそんな家庭も多いのではないでしょうか?私は毎年そんな感じになっています。

大掃除をした気分は味わうことができますが、本当に完璧にきれいになったかと言われたら私は自信を持って頷けません。

スポンサードリンク

長期じっくり型の大掃除をする

亀の画像

長期じっくり型は12月初旬から計画性をもって大掃除をする人の事を言います。

私は長期じっくり型の大掃除はしたことがありません。やはり仕事の都合上年末にしか大掃除をする時間がとれないのが原因ですが、時間を取れる人は長期的に計画性を持って大掃除をした方がいいかもしれませんね。

長期じっくり型の大掃除のメリットは?

OKサインをする女性

とにかく徹底的に大掃除が出来る。

前もってしっかり大掃除をしているのですから、短期集中型よりも大掃除の質は上がります。年が明けた時にその年の垢をしっかり洗い流せた気分になれるため、清々しい年明けを送れますね。

年末に旅行や遊びに行く時間が取れる

年末はみんな休みが取れる時間が作れる数少ない期間だと思います。疎遠になりつつある友人などと忘年会を開いたり遊びにいったりする時間も前もって大掃除をしていればとれますね。

また家族旅行なども年末に計画ができます。せっかくの冬休みですからどこか遠くへ旅行に行くチャンスです。時間に余裕があるということは色々な可能性が広がりますね。

長期じっくり型の大掃除のデメリットは?

NGサインをする女性

クリスマスの準備と大掃除という相反する行為を行う期間ができてしまう

大掃除したいのに、クリスマスの準備とかで家がごちゃごちゃしてしまう。大掃除を始めようと心がけたのに、クリスマスのツリーとかお飾りとか小物が何か邪魔なんですよね・・・。私は短期集中型の大掃除派ですが、大掃除に集中できないんです。邪魔すぎてw

クリスマスを大掛かりにする家庭にとっては長期じっくり型の大掃除は合わないかもしれません。

長期じっくりのつもりが、長期ダラダラ型の大掃除になってしまう

時間に余裕があるからこそ、集中力が欠けて大した大掃除をしないでダラダラと過ごしてしまうという危険性があります。

夏休みの宿題を初日とかに頑張ってみたけれどダラダラやってしまい、結局最終日までかかって慌ててしてしまう。そういう経験がある人が陥りやすい状況ですね。

短期集中型の良いところは限られた時間という縛りがあるために、危機感を持って大掃除を出来る分効率は高いのかもしれませんね。

短期型、長期型の大掃除どちらがいいの?

考える女性

結論を言えば、その人の性格次第だと思います。

計画を立ててそれに沿って物事を行うのが得意な方は長期型の大掃除の方が向いています。12月初旬から大掃除の計画をしながら始めたほうがとても満足する大掃除ができます。

また夏休み最終日に慌てて宿題をする人は、その性格が今になって直ることはありません。短期で集中して大掃除をすると諦めた方がいいと思います。(長期でやると、ダラダラやってしまい結局短期型のような状況になる為)

どちらが正しくてどちらが間違っているということはありません。自分の性格を顧みてどちらが適しているかな?という判断で大掃除を始める時期を考えるのが賢い生き方だと思いますよ?

スポンサードリンク