Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

プチプチが綺麗に切れない!切り方のコツは?


プチプチ(気泡緩衝材)

商品を守る為のプチプチ。ネットショップを頻繁に利用している方は特に観かける事が多い緩衝材ですよね。プチプチを撒くだけで衝撃を大きく緩和してくれるので、傷付き防止にとても便利なアイテムです。

そんなプチプチを必要な大きさに切る時、綺麗に切る事は出来ていますか。多くの方は切り口がブサブサになっていると思われます。

今回は梱包する方の悩みとして多い、プチプチを綺麗に切るコツをご紹介しちゃいます。

▶ プチプチにはハート型や三角型がある?確率とどこのメーカー?

スポンサードリンク

プチプチを綺麗に切るコツは?

ポイント

どんなに綺麗に切ろうと思っても、切り口がブサブサになってしまうプチプチ。

自分自身で使用する物であればそれでも問題無いのですが、相手に送る為の商品ともなるとやはり綺麗切らなければ失礼に値してしまいます。

そんなプチプチを綺麗にコツは数多くあります。

切るのはハサミ?カッター?それとも何か他にある?

まずほとんどの方はハサミやカッターを使用されています。でもハサミやカッターでは上手く切れないなんて方もいらっしゃいますよね。

ご家庭に裁断機があれば、裁断機でも綺麗に切る事が出来ます。

またプチプチを切る専用の道具「プチプチカッター」もネットショップで購入出来るので、なかなか綺麗に切る事が出来ないという方は試してみては如何でしょうか。

切る向きは凸凹の方?平らな方?

プチプチを綺麗に切る上で道具も重要な存在となりますが、プチプチの向きが大きな要因となってきます。

綺麗に切る為にはデコボコした方では無く、平らな方がより綺麗に切る事が出来ます。凸凹の方を切ると、気泡が邪魔になってしまい、上手に切る事が出来ません。

しかし平らな方は障害物が全く無いので、綺麗に切る事が出来ます。

スポンサードリンク

力を入れて切ればいいの?コツはないの?

ハサミで切る時にほとんどの方が何度もハサミを動かす為、ブサブサになってしまいますよね。

ハサミで綺麗に切るコツは、ハサミを大きく広げ、根本近くにプチプチを合わせハサミを上下に動かさずにスーと押し当てながら切る事です。

ハサミを上下に動かして切ると何度も上下運動が繰り返される事で、ブサブサになり易いのです。

しかしハサミ自体は動かさず鋭い刃で押し当てて切る事で、断面が綺麗になるのです。多少、真っ直ぐに切る事が出来なくても、ブサブサになる事が無いので綺麗な仕上がりとなります。

カッターで切る場合でもブサブサになる事が多いですよね。しかしカッターで切るコツはとても簡単。切り方は全く一緒で大丈夫です。

大切なのは力です。力を入れ過ぎて切るとブサブサになってしまうのです。カッターはしっかりと握りますが、切る力は軽くで大丈夫です。

カッターの刃で自然に切れていき、綺麗な仕上がりとなります。

ハサミでプチプチを切る時はその前にひと手間かけると良い!

ポイント

ハサミで切る場合にはアルミホイルを切ってから切るとより綺麗に切る事が出来ます。

これはハサミの刃を研ぐ意味となります。

またカッターで切る場合には下に硬い物を敷くか、プチプチ宙に釣り、しっかりと張った状態で切ると綺麗に切る事が出来ます。

あとがき

プチプチを切る時に多くの方が苦戦していらっしゃいますよね。

専用の道具で切る事で綺麗に切る事は出来ますが、身近なハサミやカッターでも綺麗に切るコツがあります。プチプチをよく使用する方は是非参考にされてみては如何でしょうか。

▶ プチプチの正しい包み方は?裏表の向きは使う用途で変わる?
▶ 梱包用のプチプチの正しい捨て方は?何ゴミで処分すればいい?
▶ 梱包用のプチプチの代わりになるものって何があるの?

スポンサードリンク