Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

Jリーグの日という記念日は2つあるわけとは?

サッカーの画像

5月の記念日の中にJリーグの日という記念日があります。しかしこの記念日不思議な事に11月にも同じ名前の記念日があったりします。

何で同じ記念日が別の日に2つもあるのかということが気になったため、調べてみました。

スポンサードリンク

 

5月15日『Jリーグの日』という記念日が出来たワケ

日本のプロサッカーリーグであるJリーグが開幕したのは1993年5月15日のことでした。私は当時幼少期だったのですが、当時はゴールデンタイムにJリーグがやっていたのを思い出します。

Jリーグが開幕した5月15日という日にちなんでそれから20年後の2013年に記念日に制定したというのが5月15日のJリーグの日という記念日の由来だったりします。初めてのリーグ戦はヴェルディー川崎と横浜マリノスでした。

ちなみにこの年のJリーグは2ステージ制で1ステージ目に優勝したのが鹿島アントラーズ。2ステージ目に優勝したのがヴェルディー川崎でプレーオフをしてヴェルディー川崎が年間王者になりました。

11月23日『Jリーグの日』という記念日が出来たワケ

その半年前の1992年11月23日初めてJリーグの公式戦があったのがこの日11月23日だったりします。ナビスコカップが日本のプロサッカー初めての公式戦だったんですね。

この時のナビスコカップは翌年に始まる予定だったJリーグに参加する予定の10チームの総当り戦で上位4チームが決勝トーナメントに残る方式のカップ戦でした。

ちなみに優勝したのは三浦知良、ラモス瑠偉など当時全盛期だった川崎ヴェルディーでした。

2つのJリーグの日の違いは?

初めてJリーグの公式戦があった日を記念したのが11月23日の『Jリーグの日』。初めてのリーグ戦があった日が5月15日の『Jリーグの日』というわけですね。

わかりにくいですが、2つ同じ記念日がある理由はこういう感じみたいです。

Jリーグ当時のゴールデンタイムに必ずサッカーがやっていたあの頃を思い出す

私は今でこそ、サッカーファンで海外サッカーや日本代表の試合をしょっちゅう見るようになりましたが、当時は野球ファンでした。

学校に行くとこの時期はいつもサッカーの話題でもちきりだったんですよね。でも自分は野球ファンだったのでどこかで「野球?今の流行りはサッカーだろう?」みたいな風潮に嫉妬すら感じていたのを思い出します。

それが20数年経って、野球もサッカーもどちらもゴールデンタイムに放送されなくなり、ちょっと淋しい思いをしてしまう今日です。