Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

夏休みのラジオ体操はなくなった?廃止された理由は?

ラジオ体操

子供たちにとっては長い休みである夏休みは楽しみの一つでもありますよね。

でも朝早く起きて行かなければならないラジオ体操は子供たちにとっては面倒くさいものともなってしまいます。

そんな夏休みの定番であるラジオ体操が開催されていない所が増えてきているのです。ラジオ体操はなくなってしまったのか?そしてその理由についてご紹介致します。

▶ 夏休みのラジオ体操の時間は?カードやスタンプは用意する?

スポンサードリンク

夏休みのラジオ体操が中止になっている地域もある?

考える女性

「夏休みだからゆっくり寝て居られる」なんて事を考えている子供もいますが、夏休みの朝はラジオ体操が定番となっていますよね。

しかしこのラジオ体操が中止となっている地域も増えてきているのです。夏休みの定番ともなっているラジオ体操が中止となる理由は多くあるのです。

中止まではいかないが期間が短い場所なども多い

ラジオ体操は規則正しい生活行う目的や運動不足解消といった目的もありますが、夏休み中開催せず、7月末までやお盆期間までといった期間が短くなっている場所も多くあります。

一昔前は夏休み終了の前日までがラジオ体操となっていましたが、昨今は期間が短くなっている傾向があるのです。

スポンサードリンク

何故夏休みのラジオ体操が減少傾向なの?

ラジオ体操

まず保護者に大きな負担となる事です。ラジオ体操と言えばラジオの設置やスタンプを押す掛かりは保護者となります。

しかし共働きが当たり前となっている昨今においては、ただでさえ忙しい時間帯の朝にラジオ体操の係となってしまうと、より大きな負担となってしまいます。

その為、ラジオ体操の担当が可能な大人が減少している事で行われていない地域もあるのです。

また、早朝からうるさいとの苦情による理由もあります。

朝早く起きる方にとってはラジオ体操が行われる時間帯は起床時間となる事で、子供の声やラジオの音が騒音と感じる事がありません。

しかし、夜働いている方にとってはラジオ体操が行われる時間帯も睡眠時間の最中となります。

そんな睡眠中に子供もの声やラジオの音は騒音となってしまう為、「うるさくて眠れない」との苦情も多く中止となっているのです。

また根本的に子供の数が少ない事も理由の一つとなっています。少子高齢化が問題視されている事で、ラジオ体操に参加する子供の数が激減しています。

その為、地域によってはラジオ体操を行なわない地域もあります。

また中には「ラジオ体操よりも習い事」が優先となってしまい、根本的に参加しない事も理由となっているのです。

親御さんによっては「ラジオ体操よりも習いごとが大切」と考える方もおり、ラジオ体操よりも習い事が大切と考える方もいらっしゃいます。

▶ 夏休みのラジオ体操はうるさい!騒音なのかそれとも風物詩か?

あとがき

子供の時、夏休実と言えば毎朝のラジオ体操が当たり前となっていましたが、時代の流れによって期間が短かったり中止となっている地域が多くなっていいる傾向にあります。

将来的にラジオ体操自体が消滅してしまう可能性もありますが、子供が規則正しい生活を過す為にも積極的に行って欲しいと思います。

▶ 夏休みのラジオ体操の目的は?どんな歴史や理由があったの?

スポンサードリンク