Column Navi

日常生活のささやかな豆知識をあなたに

プールで子連れや赤ちゃんがいる場合の持ち物リストは?

     プール

プールの画像

「子連れや赤ちゃんがいる場合プールに何持って行くと便利?

意外と思い浮かばなくて、いざプールに行って気づく「アレがあったらなあ」という便利グッツはなんでしょうか?

自分一人だったら、だいたい何が必要かはわかるのですが、赤ちゃん連れて始めてとかだとアレも必要!コレも必要!と色々大荷物になってしまいがちです。

今回は最低限これだけは準備しようという持ち物リストを紹介したいと思います。

▶ プールに帽子着用が子どもでも大人でも必要な理由は?

スポンサードリンク

 

一人の時でもコレは欲しい!持ち物リストは?

驚く表情をするビジネスマン

  • 水着(なければ泳げません)
  • タオル(なければ濡れた肌を拭けません)
  • 着替え(家から水着を着ていって下着を忘れないように)
  • 日焼けオイル(肌を焼きたいなら必須)
  • 日焼け止め(肌を焼きたくないなら必要)
  • 飲み物(現地調達でもいいがやや高価。ペットボトルを凍らせるといい)
  • サンダル(裸足で歩くと足裏を怪我するケースも)
  • レジャーシート(プールサイドで地べたに座りたくないなら)
  • ビニール袋(濡れた水着やタオルを入れる・ゴミ袋も便利)
  • 小銭入れ(財布はロッカーに入れて小額持ち歩くと良い)
  • 絆創膏(足裏を切ったりする場合も)

一人で行く場合もコレぐらい用意出来ると何かと便利だと思います。

スポンサードリンク

 

赤ちゃんを連れている時に持って行くと便利なのは?

赤ちゃんの画像

まず行く予定のプール施設がオムツが取れない赤ちゃんでも遊泳OKかどうか確認をしましょう。確認を怠って赤ちゃんが入れないとかはとても徒労に終わりますので。

遊泳OKだったら赤ちゃん用に何を持って行くと便利でしょうか?

水遊び用オムツ

赤ちゃん用の水着みたいな感じですね。水に濡れてもいいオムツです。このオムツは遊泳中はあまり問題ないのですが、泳ぎ終わって更衣室で脱がせる時に意外と大量の水がでます。

更衣室の床が水浸しになってしまうおそれがあるので気をつけましょう。

赤ちゃん用の浮き輪

親がずっと抱いたままプールに入るのもいいですが、正直手が疲れます。浮き輪があるととても便利です。

浮き輪に乗せていてもきちんと注意を向けておかないと事故に繋がりますので気をつけましょう。

日焼けが心配ならラッシュガード

プールによっては日焼け止めを塗って遊泳禁止というところもあります。水が汚れないようにというわけで仕方がないのですが、赤ちゃんをそのまま日焼けさせるのは流石に心配ですよね?

そういう時は赤ちゃん用のラッシュガードを準備しましょう。

幼児~小学生の子供を連れて遊びに行く時に便利グッズは?

子どもとプール

小学生だったら、浮き輪とかビーチボールを用意してあげたら後は勝手に遊んでくれると思います。特に用意する必要はありませんね。

幼児だったりすると水遊びに飽きて泣き出してしまったりする可能性があります。そういう時用に遊び道具や食べ物などを用意しておくと便利だと思います。

お菓子やジュース、子供がいつも遊ぶおもちゃなども一応持って行くとこういう時に便利だと思います。

後は一人の時の持ち物に絆創膏と書きましたが、子供の場合大人よりも注意不足の為に何かと怪我をしてしまう事も多いと思います。絆創膏だけでは物足りないかもしれませんので救急セットを用意するといいかもしれません。

スポンサードリンク